大家の写真ブログ

大好きな写真を撮っていきます。
時々覗いてくださいね。
過去の写真を見るには、管理者ページと書かれた上の<< 1/ >> 矢印をクリックし、画像にマウスを置いて、選んでください。
(allは使用不可)

今日の散歩道

13-9-22-1
我が家から5分ぐらいの場所なのですが
山と小川に囲まれた田舎風の小道。
久しぶりに歩いてみたら、私よりも先に散歩帰りでしょうか猫ちゃんが。

私は何度か見ていて覚えているけれど
猫ちゃんは、わからないでしょうね。
普通に、ただ道をゆずるように脇を通り過ぎていきました。


13-9-22-2
今日は、ポリスブラウンの美々ちゃんと晴美ちゃんが散歩中。
食事中と言うのかな?
小川の水は綺麗で美味しそう、車も通ることなく鶏も猫ものんびり。

夕方になると残りご飯をもらいに山から狸が下りてくるそうです。 
私が以前見た時は家族かな、子供を連れていました。


13-9-22-3
奥に居るのは茶々ちゃん。
小さな子猫が育っていました。
鶏を追いかけることもなく、皆で自然に過ごしているそうで
見ていても飽きることがありません。


13-9-22-4
説明を受けても・・・どちらが美々ちゃんで、どちらが晴美ちゃんなのか
私には、さっぱりです。


13-9-22-5
名前を忘れてしまったので「ニャンニャン」って呼んだら振り向いた。

13-9-22-6
「バイバイ、またね」

☆こちらの「写真ブログ」は休憩になります。
「大家の日記」は、更新中ですので是非ご覧ください。

photo by ooyablog2 - -

スケルトン

13-9-14-1
今年も美しいスケルトンのホオズキを見つけました。

13-9-14-2


13-9-14-3
今年も雨が多かったので繊細に仕上がったのでしょうか?

13-9-14-4
赤い袋に包まれ、鮮やかな緑の葉に囲まれるたホオズキも良いですが
スケルトンは、秋を感じます。

そして、今年初めて見る彼岸花。
周囲の花は、まだ固い蕾で色もついていないのに
どうしちゃったか・・・たった一輪、見事に開いていました。

13-9-14-5
急に温度が下がると開花するそうで、まだ少し早いようですが
今から、河川敷を赤く染める、満開の頃が楽しみです。

photo by ooyablog2 - -

秋めいて

 13-9-8-1
暑さに負け、外へ出ることも少なく過ごしていましたが
ここの所でやっと秋めいて、道端のキバナコスモスは盛りを迎えていました。

こちらの「写真ブログ」も開店休業中のような状態で
気にはなっていたのですが、素材探しもままならなず
やっと買い物のお供にカメラを提げ〜そんな気分になってきました。

13-9-8-2
薄暗い林の中を今はまだ控え目に飾る仙人草ですが
思いのほか繁殖力が強く、花盛りには見事な集団になり
周辺をおおってしまうそうです。

13-9-8-3
キク科ひまわり属〜学名通りの花ですね。

13-9-8-4
数年前には、種を庭に蒔き、開花を楽しみにしていたコスモスですが
以後、こぼれ種は毎年狭い庭が通れないほどに増殖。

当初は発芽を待ち望み、勢い凄すぎとばかりに早々に芽をつまれ
程度を考えない私ですが・・・
コスモスは、やはり集団が見ごたえありますものね。
以来、我が家には不向きな花となりました。

photo by ooyablog2 - -

レンゲショウマ

 13-8-23-1
山地の落葉林の中に群生するキンポウゲ科の多年草。
花の大きさは、3cm少々、小さい上に全てが下を向いています。


13-8-23-2
花の形が蓮に似ていることから、漢字で書くと蓮華ショウマ。
春でもないのに、何故レンゲ、と思っていたら
そう言うことだったのですね。


13-8-23-3
初めて観たレンゲショウマ。
しかし、天気が悪く、思うような写真が撮れずに残念。


13-8-23-4
それでも、御岳の山を楽しんできました。

photo by ooyablog2 - -

残暑見舞い

 13-8-15-3

夕方のそよぐ風に、何となく秋を感じておりますが
日中は、まだまだ続きそうな猛暑。
皆様は、如何お過ごしでしょうか。

ワンチャン達もなかなか思うように運動が出来ませんね。

「ちわわ荘」の住犬さんも、今年は「暑すぎぃ!」と言いたげな顔をしながらも
水遊びを楽しみ、食欲に関しては、全く普段と変わらずです。

運動不足だから、多少ご飯を減らして・・・などと思う私ですが
どうも、余計なお世話なようです。


暦の上の秋ではなくて、本物の秋が待ち遠しい!!

photo by ooyablog2 - -

サギソウ

13-8-6-1
名前の通り、白鷺が羽を広げ、飛んでいるかのような花。
500円硬貨ぐらいなのですが、清楚でとても愛らしい 。
これは鉢に飾られ、展示されている物を撮影しました。


13-8-6-2
立川の昭和記念公園で始まったサギソウ祭り。
花壇に植えられた花は、大分早いようで、蕾の方が多くて残念。
池の脇には、群生する姿を楽しむことができるらしいのですが
この日は、花すら探すことが出来ず、前回の画像のように・・・
カルガモ相手にカメラを向けていたわけです。

13-8-6-3
会場となるテントには、鉢植えが数個並び、撮影用に貸し出してくれます。
中には花が2個程度しか咲いていなかったり、羽のあたりが枯れかけて
色が変わっていたりと(小声)期待はずれ。
自由に持ち運んでもOKなので、下から撮影することで
青空に飛び立つように写る・・・らしい。

いつか、チャンスがあれば、挑戦してみようと思いながら
暑さに負け、会場をあとにしました。

13-8-6-5

photo by ooyablog2 - -

ヒマワリとカモ

13-8-4-1
今朝は早起き! 涼しい内にと、ヒマワリを見に行って来ました。
天気予報では曇り。
それなのに、到着から30分も経っていないのに
青空が広がってきてしまいました〜やはり、暑い! 
でも、ヒマワリには青い空が似合いますね。


13-8-4-2


13-8-4-3
そして、池の周りには、陽射しを避けるようにカモ達が休んでいました。

13-8-4-4
望遠レンズを持ってないことが残念〜と思いながら
カメラを向け、私も休む様に座り込むと・・・


13-8-4-5
どんどん近くに進んで来ます。
「・・・何?食べる物、持ってないのよ」と私。


13-8-4-6
距離は1m弱、あまりの懐こさにアップ写真〜撮らせていただきました。
クチバシの先の色が可愛いね。
黄色いか、黒いかで、印象が大分違うと思うよ〜カルガモさん。

photo by ooyablog2 - -

2013大賀蓮

 13-7-22-1
今年も東京都羽村市にある、蓮池に行って来ました。
その様子は・・・何とも期待はずれ。
殆ど花が見られず、ぽつぽつ咲いてると言った感じです。


13-7-22-2
何しろ池なもので、近くに開いた花を撮るしかない。
2個・・・やっと見つけました!
年々花の数が減少しているようで残念なことですね。


13-7-22-3
2箇所ある内の白い蓮も隙間だらけ。
初めて来た数年前は、見事な花に感動したのですが・・・


13-7-22-4
退屈そうなカエル(笑)

13-7-22-5
花が蕾をつけ始めた頃の猛暑。
池の水もお湯になりそう〜日中はカエルだって飛び込めなかったでしょ。

photo by ooyablog2 - -

生後一ヶ月チワワ

 13-7-11-1
誕生から、30日が経過しました姉と弟。
寝姿も、歩く姿も、遊ぶ様子も、何をしていても愛らしい。
しかし、生後1ヶ月を過ぎると・・・みんなチビッコギャング入隊を目標に
日々成長していくようです・・・


13-7-11-2
暑さ対策、凍らせたペットボトルを前にして「シャキィ〜ン」

13-7-11-3
3頭身で赤ちゃん座りが可愛いでしょ。

photo by ooyablog2 - -

生後21日チワワ姉弟

 13-7-2-1
随分としっかりしてきたチワワっ子。
ブラック&ホワイトの姉とフォーン&ホワイトの弟です。
まだ、ヨチヨチ歩きですが、お腹が空けばママの側に移動し
満腹になれば2頭でジャレ合う姿も頻繁に見られるようになりました。

13-7-2-2

13-7-2-3
ママから離れても、いっしょに居ると安心なのでしょうね。

13-7-2-4
でも・・・だんだん、しつこくなる!
今後は、歩きも達者になり、本気モードのバトルも激しさを増しますが
それも犬社会のルールを学ぶ大切な経験の一歩ですね。

photo by ooyablog2 - -

ヒペリカム

13-6-26-1

13-6-26-2
小さな、ヒペリカム 長いシベが小雨に濡れ重たそうです。
花が終わると実がなり、しだいに赤く色づく、そんな様子も愛らしい。
普段の散歩コースからは、やや外れますが、その頃に
また、覗いてみたいです。


13-6-26-3
タチアオイの薄紙のような花びら。
晴れた日には蜜蜂達が競って蜜を集めに来ているのですが
なんだか・・・とても静か。


13-6-26-4
中心を、ちょっと近くで監察。
「こんな風になってるのね」

photo by ooyablog2 - -

2013アジサイ

13-6-20-1
私のもっとも好きな花、アジサイ。
花ビラではなく、ガク がこれほど美しい花も少ないでしょ。
そして、土壌により色が変化するというのも神秘的。

我が家から少し歩いた所の民家の庭先に
濃い紫のアジサイが見事に咲きます。
今年も目の保養にと覗かせて頂いたら・・・

切られてなくなっていました。
あれほど美しい紫色は始めてだっただけに、とても残念でした。


13-6-20-2


13-6-20-3
こちらは、公園内に咲くアジサイですが
くもの巣が張っている花がとても多く、器量よしを選んで写して来ました。


13-6-20-4
赤紫色のグラデーションが美しく、私の中のNO1。

13-6-20-5
晴れた日にも美しく、雨も似合うアジサイです。

photo by ooyablog2 - -

おくればせながら

 13-6-11-1

13-6-11-2
チワワの出産が今日か明日かの時
気になりながら出かけた買い物帰りに写した画像です。
更新しようと思いながら準備していたのですが
その夜から出産のきざし、翌日子犬の誕生となり、アップを忘れていました。


13-6-11-3
蜜蜂が花粉だらけになり、密を吸っていました。
ついつい、時間を忘れて蜂に夢中。
「出産」の文字が頭をよぎり、急いで帰ったことを思い出します。


13-6-11-4
素早い動きで蜂が写っていませんでした〜。

photo by ooyablog2 - -

ドクダミ

 13-6-9-1

13-6-9-2
前回のトキワツユクサに続き、やはり地味なドクダミです。
名前と匂いが独特ではありますが
お茶として飲まれたり、薬草としての効能も優れています。
慣れてしまえば、匂いもそれほど気にならず
日陰に咲く様子は、なかなか良いものだと、毎年撮影しています。


13-6-9-3
ホタルブクロも日陰で見かけることが多いかな。
釣鐘のような形をした花がユニーク。
真っ暗な闇夜に蛍が入り込み薄明かりを灯した様子は・・・
想像だけですが、どれほど美しいか
一度は見てみたいと思いますが、いまだチャンスに恵まれません。
本当に入るのか?
昔、子供達が捕まえた蛍を入れて遊んだと言う
名前の由来はあるみたいですね。


13-6-9-4
今回も地味目なので、艶やかな黄色い花を飾ってみました。

photo by ooyablog2 - -

2013トキワツユクサ

13-6-6-1
 朝から曇り空の青梅市。
梅雨入リ後も晴天が続いていましたが、今日はいつ降り出してもおかしくない。
でも、結局はポツリも無い一日。

こんな日は、草花も写真写りが良いのですが
大きな杉林に囲まれた場所に群生する露草は・・・暗すぎ!
カメラの設定を思いっきり明るくすれば、何となく不自然になるし。
・・・花は白いから、ま〜ま〜。
葉が見えなかった!


13-6-6-2
実際も、このくらい暗かったかな。
春には、二輪草が咲き乱れ、今は露草。
どちらも地味ですが、まだ、二輪草の方が葉の色が薄いだけ
明るい感じだったような。
トキワツユクサだけでは、寂しいので
同じシベがゴージャスな金糸桃を一枚入れてみました。


13-6-6-3
どこにピントを合わせたら良いのやら、良く分らない花ですね。

13-6-6-4
ツユクサも少し雨が欲しいかな?

13-6-6-5
やはり、暗い・・・
トキワツユクサ、晴天の日に、また、来ようかな。

photo by ooyablog2 - -

ワンピース

 13-5-31-1
長靴を履いた猫・・・ではなく、ワンピースを着た猫。
鏡に映る自分の姿に驚いているのではなく
いつも、見慣れた犬用ハウスに引っ掛けられたドド派手なバスタオルに
「何!?」


13-5-31-2
恐る恐る近くに寄り、確認しているところです。
見慣れない物にすごく警戒するんですね。
それは、犬以上かも!


13-5-31-3
「なぁ〜んだ」
危険が無いと分れば、この通りリラックス。
タオルの前にワンピースに違和感持っても当然なのに・・・全く平気。


13-5-31-4
ドド派手なバスタオルが、風で揺れると・・・
まだ、少し気になります(笑)


13-5-31-5
でも、眠気に負けて夢の中。
このスタイルで外を歩きそう・・・
勿論、そんなことは絶対にやりませんけれど。
(何処に行ってしまうか、いつ帰って来るか分らないので)ね。

photo by ooyablog2 - -

2013芍薬

 12-5-25-1

12-5-25-2
芍薬の花が美しい時期を迎えていました。
花びらの多さには驚き、いったいどれくらいの枚数があるのでしょう。


12-5-25-3
牡丹に比べると花は多少ちいさいのですが
葉の形を見ないと、どちらがどちらだか・・・私には
区別がつかなそうです。


12-5-25-4

12-5-25-5
のんびりと、目の保養をして来ました。

photo by ooyablog2 - -

シャーレーポピー

13-5-17-1
赤やピンク系が多く、八重咲きもあるシャーレーポピー。
可憐なアイスランドポピーとは違った色っぽさがありました。


13-5-17-2
薄い花びらは、ほんの少しの風にもヒラヒラ。
蜜にあり付こうとする 蜂も苦労していました。


13-5-17-3


13-5-17-4


13-5-17-5
特徴的な茎が見えなかったら、何の花かしら?
シャーレーポピーの季節には、今日始めて行ってみた昭和記念公園
初秋には同じ場所に、コスモスが満開します。
花っていいですね。

13-5-17-6
あした、開くかな。
蕾の中は随分と窮屈そうでシワシワの花びらが可愛いですよね。

photo by ooyablog2 - -

強風で花も

 13-5-15-1
野には小さな花がいっぱいなのに
今日も朝から突風。
カメラを構えて、座り込んでいたって・・・風はおさまりません(笑)

ご近所さんのお庭にお邪魔して、バラの見学。
丹精込めて育てられた薔薇がとっても素敵です。
種類によっては満開の花あり、蕾ありで
毎年、長い間楽しませて頂いてます。
でも、今日は、やはり風にユラユラで、せっかくの花が動く動く!
写真日和な日に再度見学させてください。

鉢植えの花達は、風を避けるかのように
良い場所に並んでいました。

13-5-15-2
風吹いてなかったのに・・・ピンボケでした。

13-5-15-3


13-5-15-4
我が家ではビオラが全滅。
葉に白い付着があって、病気みたいでした。
元気だったら、もう少し楽しめたのですが残念です。

13-5-15-5


13-5-15-6
緑の美しい季節は、白い花も映えますね。

photo by ooyablog2 - -

ネコトモ

 13-5-11-1
猫の友達が居ても、いいんじゃない。

まだ、家族って感じはしないのよね〜気ままだから。
出会いから、そろそろ1年が経つのかな。

我が家は大家族。
ちわわ達も猫の姿にだいぶ慣れたようなのに
それでも、互いに無視の関係がおもしろい。

私のネコトモだから、認めているのであって
他のネコの出没には全員で吠えまくり。
小さな頭と大きな心で、いろんな事を考えているみたいです。

13-5-11-2
今日は、首輪をバンダナにチェンジ!

13-5-11-3
外の鳥の声に、早くも反応。
野生の血が騒ぐか?

13-5-11-4
君と知り合ってから、私のイタズラ心に火がつきました。

13-5-11-5
この格好で、外へ出ようとするので、慌てて止めました(笑)

photo by ooyablog2 - -

2013踊り子草

 13-5-1-1

その名の通り、笠を被った踊り子さん。
桃色や白の衣装姿が可愛いです。
下の舞台には、勢ぞろい。
上の段には一人、主役みたいですね。


13-5-1-2

いつも時期を逃してしまう踊り子草の公演。
・・・じゃなくて、公園。
今年は、何とか間に合いました。


13-5-1-3

昔は、道端などで良く見かけた花なのでしょうが
最近は、中々見られなくなりました。

13-5-1-4

踊り子草に混ざり咲いている、やはり小さな野の花。
何処にでも見かけるのですが、名前が分りません。
勿論、園内には「踊り子草」のプレートはありますが・・・この野草の紹介は
何処にもなし。

13-5-1-5

花図鑑で調べても、出てこないのが、ちょっと不思議です。

photo by ooyablog2 - -

 13-4-19-1
競い合うように咲くたくさんの花。
色とりどりで見る目を楽しませてくれます。


13-4-19-2
ただ、ちょっと思うには・・・
季節の風が勢い良過ぎるかな。

もう少し、穏やかでいてくれたなら
もっと、いっぱいの写真が、思う存分撮れたかも。
宴も途中で「強風の為中止」


13-4-19-3
まぁ〜それも、今春の思い出でしょうか。

13-4-19-4
初夏にも出会いの花が待ってはいるけれど
年々「熱中症」の文字に脅かされ、何だか私、熱中症?と暗示にかけられ
散歩も臆病になってしまいそう。


13-4-19-5
花盛りを自分のペースに合わせ、のんびり散歩
これからも楽しもうと思います。

photo by ooyablog2 - -

名前は知らない

 13-4-14-1
スミレの花を見に行った場所で隠れるように目立たなく咲いていました。
何度も行ってるのに全く気が付かず・・・
小さな花がポンポンのように愛らしい。


13-4-14-3
花が好きで、いつも探して歩いているような私ですが
名前に関しては、さっぱり分りません。
「キレイ!可愛い!良い香り」で終わってしまうから
名前まで興味がいかないのでしょうか。
あと、もう一歩深く学習すれば、詳しくなるのかな!?

13-4-14-2
これでも、写真ブログを始めるようになり、いくらか名前を覚えた!
そう、思うのですが、1年経つと忘れてしまうんですね。


13-4-14-4
この場所にはカタクリ、スミレやツクシに一輪草と順に咲き
奥には笹薮があり、ご近所の方々はワラビ採りを楽しんでいました。

今日は、久しぶりに風の穏やかな青梅市です。

photo by ooyablog2 - -

羽村市チューリップ畑

 13-4-8-1

13-4-8-2
青空の下に広がるチューリップ畑。
今年も見物に行って来ました。

種類によっては、開ききってチューリップのイメージではない様な花もありましたが
何しろ数が多く、目がチカチカするほどの鮮やかさ。
徒歩で行かれる場所に、チューリップの畑。
毎年、散歩気分で楽しむ事が出来るのは嬉しい限りです。

チューリップは花びらが開くと落ちるまでが早いので
今日は風も無くチューリップ日和、行って来て良かった!!


13-4-8-3
シネダキングと言う名前、ツンとすました様子が色っぽい。

13-4-8-4
オレンジとイエロー、私の好きな色は満開でした。

photo by ooyablog2 - -

野の花たち

 13-4-5-1
最近は、あまり見なくなったレンゲ。
子供の頃には、レンゲ畑がたくさんあって・・・
花摘みをしたことを思い出しながら、カメラを向けていました。

今日は、野原や林の中に咲く花たちの写真です。


13-4-5-2

13-4-5-3

13-4-5-4

13-4-5-5
また、歩いてみたいと思う一時でした。
「日焼けしたかも!」

photo by ooyablog2 - -

2013桜

 13-3-29-1

今年は、開花時期に突風が吹き続いたり、雨が降ったりと
桜にとっては、大変だったのではないでしょうか。
私が、好きなソメイヨシノは殆どが花びらを落とし、今年は終了していました。
年に1度の楽しみ、出来ることならば、もう少し長い間咲いていて欲しい。
そんなことを思いながら歩いて来ました。

13-3-29-2

13-3-29-3

13-3-29-4
昨日も多摩川から吹く風がしだいに強くなった河川敷の桜。
花びらの吹雪は美しいけれど、何となくさみしいですね。
そう言えば、夜桜見物ってしたことないかも。

photo by ooyablog2 - -

ユスラウメNO2

 13-3-27-1

13-3-27-2
お隣さんのユスラウメが花開きました。
でも、強い風が止んだと思ったら冷たい雨
薄い花びらが痛んでしまいそうです。


13-3-27-3

13-3-27-4
背丈は60cmほどで、花も小さいんです。
なので、思いっきりアップ画像!
小さい分、花の上から覗くことが出来ます。
下には緑の草が生えているし、ちょっと雰囲気が違うユスラウメの写真が
続きました。

photo by ooyablog2 - -

2013ユスラウメ

 13-3-20-1
散歩途中で見つけたユスラウメ。
桜や梅に比べると、やや地味ですが、とても可愛らしいですね。
サクランボウを小さくしたような赤い実を付けるそうですが
未だに見たことがありません。

我が家のお隣さんのユスラウメは去年もその前も花が咲かなくて
木がダメになってしまったのかと思っていたのですが
今日見てみたら、蕾がいっぱい!!

我が家に邪魔されて、ちょっと日当たりが悪かったかな・・・
もう少しだから頑張って、キレイな花を咲かせてください。

その時は、写真撮らせてね。

13-3-20-2

13-3-20-3

photo by ooyablog2 - -

久しぶりの子犬

 13-3-14-1
3月27日に誕生した兄弟と1人っ子お嬢様。
兄弟達は、やっと見え始めたって感じでしょうか。

13-3-14-2
長男君、生まれた時から、のんびり屋さん。
今日は、初めて文句言ってました〜大きなカメラが怖かったのかな?

13-3-14-3
こちらは、弟君。
何だか、眠そうで・・・ご機嫌斜めかな?


13-3-14-4
生後15日を迎えた長女ちゃん。
とってもしっかりしていて、昨日目が開いたばかりとは思えないよ。


13-3-14-5
後2週間もすると子犬らしくチョコチョコ歩き、可愛い時期に突入。
今から、楽しみです。
日常の様子は、ブログ「大家の日記」で更新中です。

photo by ooyablog2 - -

2013クリスマスローズ

13-3-3-1
少し暖かくなり 、花が咲き始め散歩も楽しい季節になりました。
今日は、久しぶりにカメラを持って電車でお出かけ!


13-3-3-2
立川市にある国営昭和記念公園にクリスマスローズを観に行って来ました。
冬咲きの種類が満開に近い見頃で大変美しかったです。
首を下げて咲くのが、ちょっと撮影には困難ですが、とても楽しめた一日です。


13-3-3-3
ついつい夢中になって覗き込み、気が付けばコートの肘が土で汚れちゃった!

13-3-3-4
思いっきり覗き込んだら・・・今度は斜め(笑)

13-3-3-5
このローズさんは、何だかとってもお洒落な貴婦人の様でした。
花びらに見えるのは、ガクなんだそうですね。


13-3-3-6
遅咲きの花は、まだまだ固そうな蕾。
その頃にまた、行かれるかな。

photo by ooyablog2 - -

シャガレ猫その後

 13-2-19-1
術後の精神的ショックを心配していたのですが
殆ど変わらなく元気にしています。
3日間ぐらいは、抱っこを嫌がったけれど、今日はゴロゴロの大サービス。

静かに抱っこをして、ゴロゴロを聞いていると
こちらまで心が穏かになるのが不思議です。
その上、甘えのお手々モミモミが加わったりしたら、眠気にまで襲われる。
ただ・・・猫の毛って、何でこんなに抜けるんだろう。

猫好き私には、あまり気になることではないけれど
急なピンポ〜ンには戸惑います。
慌てて、ガムテープでペッタンペッタン(笑)

13-2-19-2
毛玉吐きのキャットフード買ってこようかな。

13-2-19-3

13-2-19-5
アゴの下の傷は完治、毛が生えてくるのかな。

13-2-19-4
座り方は、お行儀良いですね。

photo by ooyablog2 - -

ユリネ出来ました

 13-2-6-1

13-2-6-2
やっと、静かに写真を撮るの意味が分ったみたいです。
続けないと直ぐに元のヤンチャ娘にもどりますが・・・

13-2-6-3

13-2-6-4
本人も「可愛い」の言葉に、何だか自信満々な様子。
いつもと違った素敵な女の子に写りました。

13-2-6-5
普段の様子は、ブログ「大家に日記」をご覧ください。

photo by ooyablog2 - -

プリムラ

 13-1-25-1
1月の初めに買ってきたプリムラ。
花の少ないこの時期ですが、元気に咲いています。
丈夫で寒さにも強いらしいのですが、夜は玄関の中で寝ています。


冬に売られているものは、温室育ちなので、ちょっと寒がりらしい・・・
なるほど。

13-1-25-2
今年は、非常に寒く、ご近所さんのお庭の鉢植えも凍えているそうです。
せめて、日中は日当たりの良い場所へと移動したら
花がしおれ、頭を下げてしまっていました。
ん・・・花は難しい。

いつも、かまい過ぎて、水の量が多かったりと
枯らすのが得意な私です。


13-1-25-3

13-1-25-4
春よ来い、早く来い。

photo by ooyablog2 - -

ポカポカすぎるかな

 13-1-13-1
お顔の黒い毛にも白髪が目立つようになってきたマリアちゃん。
(大声)若白髪だそうです。

13-1-13-2
きょうは、仲良しのセーラちゃんといっしょに写真を撮りました。

13-1-13-3
普段、外の遊び場を眺めると、ほとんどいっしょに居る二人。
息もぴったりかと思ったら・・・


13-1-13-4
セーラちゃんがウトウトし始めました。
ここの部屋は日当たりが良く、ポカポカしすぎでしょうか。
何だか皆、寝てしまいます。
せっかくの仲良し記念撮影なのに、セーラちゃんったら!
続きは「大家の日記」を是非ご覧ください。

photo by ooyablog2 - -

眩しいよね

 13-1-7-1
「待て!」を特訓中のユリネちゃん。
撮られる方も撮る方も一生懸命です。


13-1-7-2
上手に「待て」が出来るようになった頃には
ますます太陽が部屋いっぱいに照りつけ。


13-1-7-3
眩しさと疲れで・・・殆どがこんな顔。

13-1-7-4
私も子供の頃にカメラを向けられ
「大きな目して!」って言われても・・・眩しくて、目はショボショボなのに
鼻の穴だけが大きくなってる写真がいっぱいありました。
愛犬をモデルに、そんな昔を思い出し懐かしんだ一時です。

photo by ooyablog2 - -

シャガレ猫も新年

 13-1-2-1
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

13-1-2-2
正月なのでリボンをつけてもらいました。
似合ってるかな。

13-1-2-3
お水が冷たい。

13-1-2-4
シャガレ猫よ、今年の目標は、運動と減量だね!!と言いながら
たくさん食べてくださいネ、と毎回山盛りご飯を用意する私です。
ご近所さんからも「太ったね」って言われ・・・
庭脇の策の間を、お腹が邪魔して通れなくなりました。
遠回りして、玄関まで来る姿についつい笑う!!

13-1-2-5
横顔はシャープなんだけど・・・

photo by ooyablog2 - -

可愛く

12-12-24-1
久しぶりに飾りつけ?をしたスミレちゃん。
「可愛いお顔をしてください」と注文をつけてもなかなか・・・難しい。
逆に「可愛く撮ってください」って言われそうですね。


12-12-24-2
それでは、ちょっと淑やかに、女の子らしく。
クリスマスイブ。


12-12-24-3
オメメをパッチリすると・・・レバー色のお鼻がブタになります。
黒光りした鼻の子だったら、キリッてしそうですが
レバーノーズは、チョコレートカラーのチワワの特徴ですので、ご愛嬌。


12-12-24-4
横から見ると、ちょっとシャクレた鼻もチャーミング。

12-12-24-5
他にも同じ飾りをつけたメンバーが居たら
歌いながら、踊りだしそうなスミレちゃんでした。

photo by ooyablog2 - -

散歩と言うより登山

 12-12-13-1
生後5ヶ月のユリネちゃん。
真夏に生まれて、公園デビューは真冬(笑)
枯葉が風に舞う度に、ドキドキしちゃいます。


12-12-13-2
散歩と言うには足元が悪すぎますね。

12-12-13-3
丸太を登りきって達成感!
「お家はあっちかな」


12-12-13-4
北風が冷たかったけれど、楽しかった。
また、行きましょうね。
風のない日に・・・

photo by ooyablog2 - -

待ちわびて

 12-12-2-1
この座り方。
尻尾をくるりと巻いて、それを前足の上。
猫のこの格好、大好きなのですが
シャガレを見る限り、どうも自分を可愛く見せてるような気がしてなりません。
居眠りしながら待つ、こんなところも、ワンチャンとは違っているんですね。

犬はどうでしょうか・・・もっと真剣に待つかな?
忠犬ハチ公の銅像のように、背筋を真っ直ぐに伸ばして。


12-12-2-2
「遅かったじゃないのさ」の顔です。

12-12-2-3
「土産、忘れてないでしょうね」

12-12-2-4
「早く、食べさせてぇ〜」の顔。

そして、次が非常に恐ろしい。
まるで、時代劇に出てくる化け猫君です。


12-12-2-5
口角に真っ赤な口紅ぬったら最高のモデルになれそうですが
この表情は、オヤツが欲しくて、早く、早くの、それこそ
ミャ〜ではなくて、究極の甘え声、エ〜ヨンの顔なんです。

クチの開き具合が上の写真「ヤ〜」ではなくて「エ〜」になってるでしょ。
微妙?でしょうか(笑)

ワンチャンだったら「お手、お代わり、ヨシ!」シッポ振って待つ
と言ったところでしょうか。


12-12-2-6
美味しい〜の後の満足顔は同じかな。

photo by ooyablog2 - -

もみじ

 12-11-19-1
御岳渓谷の紅葉にも負けない、近所のもみじ。
赤い色の多い中、緑色の葉が何だか新鮮に見えました。


12-11-19-2
色紙か、押し葉のようです。

12-11-19-3
光に照らされ。

12-11-19-4
逆光の中で。

12-11-19-5
この様に、愛らしく染まった葉っぱもありましたよ。
・・・今年のもみじは特に美しい。

photo by ooyablog2 - -

2012御岳紅葉

 12-11-14-1
今年も御岳渓谷の紅葉を観て来ました。
東京方面に向かって、眺めるこの場所からの景色が
晴れた日には最高だと思います。


12-11-14-2
橋を渡り、高台まで上り、見下ろした景色も素敵です。

12-11-14-3
何しろ色鮮やかで、そこに太陽が当たるもので
目がチカチカ。


12-11-14-4
今日は肉眼で観る美しさが100倍の勝利と言った感じ。
カメラの惨敗です・・・。


12-11-14-5
自然の美しさを満喫して来ました。

photo by ooyablog2 - -

日差しの中のユキヒョウ

 12-11-7-1


12-11-7-2


12-11-7-3
日中は日差しが強く、夏のなごりのような西日が当たるユキヒョウ舎。
先に行ったトラ舎とは、場所は離れていますが、向かい合うような感じ。
やや薄暗く、来る度に毎回思うのですが、ユキヒョウの美しい毛の色が出ない。
おまけに背後は岩場・・・寒い所に適した彼らには、良い環境だと思いますが
やはり、ここは午前中に来るべきですね。

吊り下げられた袋にじゃれついて遊ぶ子供なのですが
たまたま日差しの当たってしまった顔は、すごい迫力。
体も小さめで、3兄弟で遊ぶ姿はやはり猫でしたが、岩から飛び降りる音は
ドスン!!と地響きがしそうなくらいでした。

この日は、長居をしなかったので、次回はゆっくりと。
トラに見惚れている時間が長かった(自分では、気が付いていませんでした)

photo by ooyablog2 - -

虎のシズカちゃん

 12-11-2-1
久しぶりに会ったシズカちゃん、2006年6月16日生まれ。
今年で6歳が過ぎたのですね。
でも、まだまだ若くて美人、美虎って言うのかな。


12-11-2-3
2頭の娘達も立派に成長しました。

12-11-2-2
娘2頭と過ごす様子は楽しそうですが、そこはやはり動物園。
ちょっと狭くて運動不足になりそうかしら。
それでも、無邪気な表情が可愛いです。

12-11-2-4
ご飯には不自由しないし、敵は居ないし、ママとお姉ちゃんともいっしょだし
日野市生まれのアムール虎の日常も
それなりに、幸せそうです。
ここで働く動物達が幸せでなければ、絶対にならぬ、動物園です。
園内も清潔で心地良く、遠足の子供達の明るい声が響き
楽しく過ごせた一時でした。

photo by ooyablog2 - -

何かが居ます

 12-10-30-1
のんびりとくつろぐ猫の目が、一点を重視。
どうやら、小鳥が木の枝を移動してるらしく
私には、全く見えませんが、微かな音だけがカサカサ〜。


12-10-30-2
警戒して、耳が舟になってます。
「シャガレ猫には、捕まらないでしょ」


12-10-30-3
耳は戻りましたが、目はまだまだ真剣。
ヒゲは普通になりました・・・
1番上、横顔のヒゲは、前方にピーンしております。
ヒゲにも力が入るのね。

午後からは、林の中を通り抜け散歩へ。


12-10-30-4
曇り空の薄暗い林の中。
黄色のツワブキの花がとても目立ちます。


12-10-30-5
ホソヒラタアブがホバーリングをし
何だか邪魔だわ・・・と思いながらカメラを向けていたのですが
いつの間にか、主役になっていました。

photo by ooyablog2 - -

小菊

 12-10-24-1
実際の大きさは3cmぐらいでしょうか、色も美しいのですが
茎も細く、切花にはならないですね。

我が家の庭に毎年咲いていた2種類の菊は
どちらも伸びませんでした。
水の管理が悪かったのかな、雨も少なかったし。


12-10-24-2


12-10-24-3
小さな花がブーケのように集まって咲く、アワコガネギク。
私はブーケの様だと思ったのですが、密集する花が泡のように見えるので
泡小金菊と言うそうです。
泡?・・・ですか。


12-10-24-4
厳しい残暑が続きました、まるで秋が無いような今年。
夏がやっと終わったと思ったら、もう冬が来たみたい。
食用菊の育成にも影響が出ていたそうです。


12-10-24-5

photo by ooyablog2 - -

僕は野良じゃい

 12-10-17-1
猫をギュって、抱っこが心地良い季節になりました。
本日のシャガレ猫、ワンピースを着用。
はっきり言って、似合わない。
顔も手も縞模様だから、無地か大柄が良いと思う。
・・・その前に、シャガレは男猫だった。


12-10-17-2
このまんま、外に行ってしまったら、ご近所中の笑い猫になるので
直ぐに脱がせました。


12-10-17-3
「大家さんは、遊びじゃなくて、シャガレはモデルだぞ」って言うけれど
野良としてのプライドが、日々消えていきそうな気がしますぅ。

買い物の帰りに買って来てくれるカツオの何とかかんとかは
土産じゃなくて、アルバイト代らしい・・・


12-10-17-4
ベッドも買ってもらっちゃったことだし
まっいっか。

photo by ooyablog2 - -

ほおずき

12-10-10-1
東京の田舎も、やっと秋らしくなりました。
夏のイメージのほおずきですが、スケルトンになった姿も愛らしい。
天然スケルトンで、ここまで綺麗に完成したのは、大雨のせいでしょうか。

12-10-10-2

12-10-10-4

12-10-10-3
水に浸しておくと、出来上がるらしいですね。
もっと白くて素敵なスケルトン。

photo by ooyablog2 - -

2012秋明菊

 12-10-5-1
昨日行った、昭和記念公園のジャパニーズアネモネ。
日本的な清楚な美しさが、ヨーロッパで人気だそうです。

12-10-5-1

12-10-5-1

12-10-5-4
JR青梅線の西立川駅の目の前。
そちらからの入り口を進むと、1番先に目に入ります。
私の好みの花でもあり、初めからワクワク。
そして、帰りがけにも、再び立ち止まり、眺めてしまいました。
電車の到着時間ギリギリまで・・・


12-10-5-5

photo by ooyablog2 - -

2012彼岸花

 12-10-3-1
羽村市、阿蘇神社の境内を下りると多摩川に出ます。

12-10-3-2
春にはツクシを採り、花見の時期には桜が見事でした。
初夏には鮎の解禁、釣り大会やバーベキューなど
いつも賑わいを見せている河川敷です。


12-10-3-3


12-10-3-4
丁度、台風の後で、倒れてしまっている花が多く残念でしたが
今年も朱色の鮮やかさや、シベの美しさに目が覚めるようでした。


12-10-3-5
何度観ても不思議な魅力のある花です。
今日は、あいにくの天気で蝶の姿は無かったのですが
彼岸花に止まる大きなアゲハチョウの姿は、毒々しいほどに
互いを引き立てているように思えます。


12-10-3-6
晴れた日には、川原に残る緑と水の青が美しく映えるのですが
今日は、ちょいと、くすんでいますね。


12-10-3-7
カメラを覗いては、目がチカチカ。
パソコンに取り入れ、再度眺めてチカチカ。

良いタイミングで雨にも降られずに帰宅。
目を閉じると、朱色の花火がチカチカしそうな一時でした。

photo by ooyablog2 - -

秋らしくなり

12-9-26-1

12-9-26-2

12-9-26-3
日中の日差しも弱まり、蜜蜂も仕事に集中!
私の事も気にならないのか、忙しく動き回っていました。
今年の猛暑は、虫達も大変だったでしょうね。

12-9-26-4
晴れた日の萩も雰囲気が違い、柔らかな感じで美しかったです。
今日は、風が強く、ゆらゆら〜ピントが中々合わず、早々に諦め!でした。

青空の下、のんびり散歩を楽しみ、帰宅。
「お帰りなさ〜い」

12-9-26-5
お土産を待っていた、しゃがれ猫。
大好きな、カツオの何とかかんとか、ちゃんと買って来ましたよ。

photo by ooyablog2 - -

雨上がり萩

12-9-21-1
秋の花、萩。
我が家から徒歩30分程度の所に、立派な萩の低木があります。
普通のお宅の庭なのか、それとも公園?
分らないほど、広い場所。
東京の片隅、青梅市には、すっごぉ〜い広いお庭のお家も
あるんですよねぇ。
特別な門構えとかも無くて、畑かと思ったら、庭だった
さっぱりした雑木林だと思ったら、お庭でしたみたいなネ。


12-9-21-2

12-9-21-3

12-9-21-4
ずっと気になっていた美しい萩の花。
1年ぶりだったので、道があやふやだったのですが
曲がり道、間違えなくて、今年も会うことが出来ました。

photo by ooyablog2 - -

秋らしく

 12-9-12-1
残暑厳しい今年ですが、夕方飛び回るトンボの姿には秋を感じます。

12-9-12-2


12-9-12-3
カメラを提げ、久しぶりに来てみた小川のほとりですが
まだまだ暑く、手を浸してみたくなります。

後ろに感じた視線。
「久しぶりですね」アメショーの・・・お名前、忘れちゃった!
男の子です。

12-9-12-4
「何してるんですか?」と猫君。
「トンボの写真を撮ってます」と私。


photo by ooyablog2 - -

前回から10日

 12-9-5-1

12-9-5-2
生後43日目を迎えた3頭のチワワ。
前回の写真から10日間の成長ですが、身も心も少し大人?になりました。


12-9-5-3

12-9-5-4
次女ちゃんも益々元気に、毎日みんなと格闘しています。

12-9-5-5

12-9-5-6
長男君と次女ちゃんに比べると、ガッチリタイプの長女。
体は大きくても、やることはいっしょです。

遊んだ後は、直ぐに眠くなる・・・そんな様子は、まだまだ赤ちゃんぽいね。

12-9-5-7

photo by ooyablog2 - -

チワワ生後33日

 12-8-26-1


12-8-26-7
如何でしょうか、チワワらしくなった次女ちゃん。
大きくなりましたね、歯もしっかり生え揃いました。

12-8-26-3


12-8-26-4


12-8-26-5
こんなヒョウキンな長男君。
分かって遊んでいるのでしょうかね、眺めているだけで楽しい気分になります。


12-8-26-6

「ちわわ荘」に入舎の長女。
容姿はパパ似で性格はママ似かな。

photo by ooyablog2 - -

すみれママ

 12-8-20-1
出産から28日、毎日暑い中、子育てご苦労さん。

12-8-20-2
最近は、赤ちゃん相手に遊びの様なこともやりはじめました。

12-8-20-3
食欲は、すっごく旺盛です。

12-8-20-4
子育て中でも、モデルさん?
大家さん、ふざけすぎですね!

photo by ooyablog2 - -

クロアゲハ

12-8-11-1
夕方、小雨が降り始めた頃に飛んで来たアゲハ蝶。
ついついカメラを構えて撮影開始。
何故に、ついついなのか・・・
雨に濡れないように、外のチワワ達を部屋に非難させます。
この時ばかりは、犬が先か、洗濯物が先か、普段はそんな焦り様。
しかし、このクロアゲハときたら、写真では、表現出来なかったのですが
墨のように黒い整った羽に白いポイントとオレンジが美しく
ワンチャン達を後回しにしたくなるほどに、魅せられたと言う訳です。


12-8-11-2


12-8-11-3
羽のギザギザと言うか、ふちにも白い模様があります。
どこまでも、おしゃれなクロアゲハ。

雨のせいか、すぐに舞い上がり、チワワ達も濡れずに非難が出来ました。

photo by ooyablog2 - -

私と猫の場所

 12-8-7-1
我が家で一番風通しが良くて涼しい場所、玄関。
朝は新聞を読んだり、野良猫を相手に、のんびりくつろいでみたり。


12-8-7-2
しかし、最近は、すっかり私の場所を占領されています。

12-8-7-3


12-8-7-5


12-8-7-6
知り合って半年もたっていないと思う・・・
抱っこも平気になっちゃって・・・ゴロゴロ喉を鳴らしてスリスリしてくるし。
野良ちゃんではないのかな。
「お家が在るなら帰りなさい」

photo by ooyablog2 - -

昼下がりの蓮

 12-8-4-1
連日の猛暑でしたが、今日はだいぶ気温も下がるようで・・・
しかし、時々照りつける太陽。
出かけるか、出かけないか・・・迷っている内に昼も過ぎてしまいました。


12-8-4-3
やはり、昼過ぎの蓮は元気が無い。
美しい姿を観る為には、早起きをしないとダメですね。


12-8-4-2
そして、曇り空に雨雲がかかって来ました。
2012年の蓮は、感動も少なげに終了となりました(笑)


12-8-4-4

photo by ooyablog2 - -

涼しい場所

 12-7-31-1
連日の猛暑、皆様は如何お過ごしでしょうか。
毛皮を着ている猫ちゃん、裸になりたいと思っているかしら。
裸じゃないから、厳しい暑さも耐えられるのかな。


12-7-31-2
涼しい場所をちゃんと知っていて・・・
こんな所で昼寝してました。

12-7-31-3
ひんやり冷たいタイルの上と緑の日傘。

12-7-31-4
あらま! 起こしちゃいましたね・・・ごめんなさい。

暑さ厳しき折、皆様どうぞご自愛くださいませ。

photo by ooyablog2 - -

山百合が満開

 12-7-22-1
前回より数日が経過した山百合は、ほぼ満開を迎えていました。
此処の所、涼しい日が続いていた為
多少の遅れが良いチャンスをくれました。

今日のテーマは・・・
「もしも、絵が描けたなら・・・」
油絵? 水彩画?
残念ながら、どちらも私には叶わない夢なので
想像しながら、ファインダーの中に構図をしっかり描き写してみました。


12-7-22-2
水彩画が良いかしら、色鉛筆でも綺麗かな。

12-7-22-3


12-7-22-4
これは、油絵で仕上げてみたいな!
・・・油絵の「あ」も知りませんが・・・(笑)

photo by ooyablog2 - -

2012山百合

 12-7-17-1
まだ、蕾の方が多い山百合ですが
咲き始めたばかりの花は、とても器量良し。


12-7-12-2
頭が重たくて、下を向いてしまっています。

12-7-17-3

12-7-17-4
今年も、甘い香りと美しい姿を楽しんで来ました。

photo by ooyablog2 - -

小坊主オトギリソウ

 12-7-10-1
オトギリソウの赤い実も愛らしいのですが
山道の木苺も負けていません。
ちょっと1枚載せてみました。


12-7-10-2
小坊主とは、おちゃめな名前。
カメラを構えピントを合わせても動き回る蟻。


12-7-10-3

12-7-10-4

12-7-10-5
フラワーアレンジメントにも使われる実
いま少し待っていると、真っ赤に染まります。
束ねて飾ってもワンポイントのお洒落になりそうですね。

photo by ooyablog2 - -

麦仙翁

 12-7-5-1

12-7-5-2

12-7-5-3
ムギセンノウ、別名ムギナデシコ。
とても上品な色合いの花なのに、ヨーロッパなどでは荒地や麦畑の雑草。
こんな雑草ならば、我が家にも少し欲しいです。
大きさはコスモスと同じくらいで、やはり葉は細く麦のよう。
種がこぼれる頃・・・狙ってみようかしら。

photo by ooyablog2 - -

蛍袋、未央柳

 12-6-25-1
雑木林や山道の脇でよく見かける野生の花。
薄暗い夜道に蛍が袋の中に入ると、それはそれは美しく光るそうです。
最近は、なかなか目にすることが出来なくなった蛍ですが
想像しただけで、優しくほのかな明かりがいくつも
あちらこちらに見える様子が、目に浮かびます。


12-6-25-2
こちらはビョウヤナギ。
メシベを囲むように伸びるオシベがまるで美しい金の糸のようで
思わず見入ってしまいます。
花言葉は「幸い」
私の好きな花ランキングの上位にいます。

photo by ooyablog2 - -

2012紫陽花

 12-6-21-1
買い物途中の道でも、散歩の途中でも
よく見られる紫陽花。


12-6-21-2

12-6-21-3
6月の台風の後で、どんな具合になっているかと
近くの公園へ足を運んでみました。


12-6-21-4
我が家の紫陽花は、頭を下げ痛んでしまいましたが
園内の花々は皆元気、色もあせることなく、カメラ写りも上々でした。


12-6-21-5

12-6-21-6

photo by ooyablog2 - -

花菖蒲

 12-6-19-1
今年も青梅市の吹き上げ菖蒲園に行って来ました。
家を出た昼頃は、曇り空で丁度良い天候でしたが
途中からは快晴!
日陰が少ない園内は、暑くてクラクラしそう。
それでも盛りを向かえた菖蒲は美しく
久しぶりに、のんびりとした一時を過ごしてきました。

12-6-18-2
宇宙実生(うちゅうみしょう)八重


12-6-18-3
小町娘

12-6-18-4


12-6-18-5
似ているようでも、微妙に花色が違ったり
花びらの形が違ったり。
観る目を飽きさせない、素敵な花です。


12-6-18-6
蛇の目傘
それぞれの名前を知るのも楽しみの一つ。
なぁ〜るほど、と思わせるものも沢山ありました。
・・・覚えられないです。

photo by ooyablog2 - -

八重ドクダミ

 12-6-15-1

12-6-15-2
あまり太陽の当たらない林に咲く紫陽花。
中々色付きませんが、こんな感じも美しいものです。

12-6-15-3
暗がりのイメージがある、ドクダミ。
でも、八重ともなると立派な観賞用ですね。

12-6-15-4
ドクダミのイメージとは、まるで別の花のようでした。

12-6-15-5
でも、においは・・・いっしょでした!

photo by ooyablog2 - -

すっかりチワワ

 10-6-10-1
生後43日目を迎えた2グループの子犬達も
日々チワワらしく成長中。


10-6-10-2
最近は、中々静かに座っていてくれません。

10-6-10-3

10-6-10-4
そこで登場したのが、毎度お馴染みの洗濯バサミ。

10-6-10-5
何かを齧っていれば、1分ぐらいは釘付け状態。

10-6-10-7

10-6-10-6
でも、そのぶん、すごいお顔になっちゃってます。
新居に引っ越したら、洗濯バサミでは絶対に遊ばせないで下さいね。

photo by ooyablog2 - -

チワワらしくなりました

 12-5-30-1
2012年4月14日に誕生した子犬達。
真面目そうな顔をしてカメラを見つめる長男。
「はい、チーズ」って言いたくなりますね。


12-5-30-2
昼寝の体勢に入った次男、起こしちゃってごめんね。

12-5-30-3
アップ画像は、みんな大きく見えますが、まだまだ小さな子犬です。
こんな感じです。

12-5-30-4
チョコタンカラーの長女。
赤ちゃんの時は、いつもご機嫌斜めで、カメラを睨んでいましたが
機嫌が悪いのではなくて、そんなお顔だったんですね。
最近、女の子らしくなってきたような・・・


12-5-30-5
パフェみたい、溶けてしまいそうなチワワの次女。
なにしろ、面倒見が良くて、オシャマさんって言うのかしら。
既に、自分は大人だと思っている!?らしい。


12-5-30-6
今でもキュートと言う文字が似合います。
遅れてやって来た末っ子の三女。
小さな身体で疲れ知らずに遊びます。

この子達は、お陰さまで新居が既に決定しています。
飼い主の皆様、ご愛犬の写真をご覧になって
何だか違う・・・ってお感じになりませんか。
そう、お耳が一応立ち上がり、チワワらしくなりました。

まだ、眠くなると垂れてしまったり、片方だけ
根性がなかったりと発展途上ですが
チャンスに燃えて撮影した、私の力作です。

photo by ooyablog2 - -

撮りやすい

 12-5-23-1
久しぶりに顔を出した、ドレミちゃんの孫。
ドレミが来る前は、殆ど毎日のように来ていたのですが
通り過ぎるだけになり、ドレミが来なくなってからは再び登場。
祖母と自分の関係が分かっていない・・・当たり前ですがね。


12-5-23-2
此処の所、ヤンチャ盛りになった子犬の撮影に追われているせいか
猫の写真の撮りやすいこと!!


12-5-23-3

12-5-23-4
カメラを向けているだけで、様々な表情をしてくれます。
子犬達も、これくらい静かにしていてくれたら・・・わたし、楽なんですけど。


12-5-23-5
ドレミの娘、似ているところは・・・ない。
そして、上の写真の娘を産んだのも不思議。


12-5-23-6
毛の色、質、目の色、どこをとってもまるで他人(猫)のような親子。
チワワの毛色の不思議も同じかな。

photo by ooyablog2 - -

器量よしのバラ

 12-5-18-1
昨日撮影したバラ、どこから見ても美しい形と色。
夜中から降り出した激しい雨で、花びらが痛んでしまいそう。
我が家の鉢植えのミニバラには、ふくらみ始めた蕾が1つ・・・
先日まで沢山ついていたのですが、どうやらムシにやられたようです。
・・・美味しいのだと思うけれど、悔しいよムシ!


12-5-18-2

12-5-18-3

12-5-18-4
ご近所さんの庭に毎年咲く大輪のバラは、まだ硬い蕾ですが
今年も是非、拝見したいです。

photo by ooyablog2 - -

クマバチと西洋十二単

 12-5-15-1
体調2cm程度、ずんぐりむっくりした大きな蜂。
ホバーリングする時には、羽音がすごく、身を引いてしまいますが
クマ蜂と怖そうな名前には似合わず、単独で行動し温厚な性格
オスに針は無く、刺すことはないそうです。


12-5-15-2
十二単の青い花が群生し、鮮やかです。
去年、庭に3本植えたのですが、凄い繁殖力と言いますか
驚く程増えました。

12-5-15-3
そろそろ、小さな花を落とし始めクマバチも必死の様子
身体の重みでどうしても花がしなり、時々逆様になりながらも密を飲む様子は
ちょっと滑稽で、可愛らしくも思えました。

photo by ooyablog2 - -

2012シャガ

 12-5-8-1
今年も林の中に見つけた、シャガ。
ちょっと薄暗い中に、ポッと咲く不思議な花ですが
群生している様子は、逆にとても豪華です。


12-5-8-2

12-5-8-3

12-5-8-4
山に咲くのを見ると、切花にして持ち帰りたいけれど
一日で落ちてしまうのですね。
やはり、自然の中で次々に開花するのを眺めているのが良いのかな。

photo by ooyablog2 - -

タンポポと

 12-5-4-1
まるで梅雨のような天気が続く東京ですが
雨雲が途切れた合間に近くの林へ向かいました。

12-5-4-2
平な場所には色鮮やかなタンポポ。
蝶や蜜蜂も雨が止むのを心待ちにしていたのでしょう。

12-5-4-3


12-5-4-4
30分もしない内に、遠くの空が灰色に変わり雷の音。
せっかくの「みどりの日」だと言うのに
慌ただしい、つかの間の散歩となりました。

photo by ooyablog2 - -

梨の花

 12-4-22-1
買い物帰りや散歩に通る小道の脇に植えられた梨の木。
まだ若く、ひょろりとして、たった1本だけなのですが
今年も愛らしい花を咲かせています。
写真を撮りに行った一昨日は、近所の方々なのか袋をさげヨモギ採り。
梨の木の下には、ツクシが大分育っていました。
車の通らない場所なので、お供のワンチャンもリードから放れ
飼い主さんの側を、つかず離れず、不思議そうに匂いをかいでいました。

12-4-22-2

12-4-22-5

12-4-22-4
白い花びらに紅色のシベ。
ちょっと茶色がかった葉っぱもお洒落です。

photo by ooyablog2 - -

菫と猫

 12-4-19-1
ふらり気ままな散歩道。
小さなスミレを眺め、ファインダーを覗きながら姿勢を低くしていたら
足音も立てずに寄って来てはスリスリと甘える猫。
「あらぁ〜?もしかして」 と振り返れば人懐こい太郎君。
次郎だったかな・・・

知らない人は、腰を抜かすほど驚くと思います。
カメラを持って、じっと立ち止まる・・・そんな私を
いったい何をしている人と思っているのでしょう。

時々撫でてもくれるし、意味わかんないけど話しかけてもくれる
無害な時々会う人なのかな。


12-4-19-2


12-4-19-3
ほんの数日の間に、花の数が増えていました。

12-4-19-4
また、遊ぼうね。

photo by ooyablog2 - -

2012花大根

 12-4-16-1
我が家の近くに群生する花大根。
今が見頃と言わんばかり、他の草を押しのけ堂々と咲いています。
毎年、その数を増しているような・・・道の脇にも石垣の間にも
丈夫なんでしょうね、切花にならないのが残念ですが美しい。

12-4-16-2

12-4-16-3

12-4-16-4

12-4-16-5
濃い色から淡いものまで、その濃淡がなおさら目を引き目立ちます。
そして、毎年同じ場所に1本か2本咲く白い花。
思い出して行ってみたら! 見つけたよ。
何か、ちょっと幸せ気分になりました。

photo by ooyablog2 - -

2012桜

12-4-11-4

12-4-11-2

12-4-11-3
都内の開花情報から遅れること数日
ここ、羽村市の河川敷の桜も見事に咲きました。

毎年、カメラを提げ春の散歩コースにしていると
満開の時を逃したくないと、足を運んでは様子を伺い
今年も昨日、ラストチャンスを楽しんで来ました。

今日は天気予報通り、昼過ぎには強い横殴りの雨。
2階の窓から、遠くの桜並木を眺め
早々に散ってしまうのかと、残念な思いがします。

月明かりの中、はらはらと舞う花びらは哀愁があり
それはそれで美しいものですが
春の嵐では・・・
今は穏やかに雨も小降りになっていますが
3度目の豪雨となるのでしょうか。
嵐の前の静けさか・・・

photo by ooyablog2 - -

2012二輪草

 12-4-9-1
今年も二輪草の開花時期がやって来ました。
風が強い春に、この小さな花は中々静止してくれなくて
私も、ずっと座ったままでカメラを構えて・・・

人通りが殆ど無いので、風が止むまで、たっぷり時間をかけました。


12-4-9-2
二輪草と言っても、先に一輪が咲き、暫くして二輪目が開きます。
今日の青梅市も初夏の陽気
いくつかは、二輪が揃っていましたが、もう少しかな。


12-4-9-4
カメラを思いっきり近くに寄せ、やっと写した一枚です。
胡麻の半分も無いシベですが、生きいきしていました。


12-4-9-3
可憐だけれど凛とした姿が魅力です。

photo by ooyablog2 - -

2012カタクリ

12-4-3-1
春の嵐が来る前に、今年二度目のカタクリを撮影して来ました。
薄紫色の 花びらがうつむく姿はとても優しく
ずっと眺めていたい気持ちに成ります。


12-4-3-2

12-4-3-3
我が家の近くには、カタクリが群生する場所が何ヶ所かあるのですが
何処を見ても、今年は勢いが良く、とても美しいです。


12-4-3-4
今夜の大風と雨で、花が痛んでしまいますね・・・
早くおさまって欲しい嵐です。

photo by ooyablog2 - -

青梅市梅郷

 12-4-1-1

12-4-1-2

12-4-1-3

12-4-1-4

12-4-1-5

12-4-1-6
2012・4/1(日曜)
今年も梅の里に行って来ました。
満開の時期と青空が重なれば、それはそれは美しく
一日中楽しむ事が出来る広い公園です。

毎年思うのですが・・・梅の祭りは桜のそれよりも少し地味でしょうか。
夜桜があるのならば、夜梅があっても良いのでは・・・
ただし、寒さこらえて。

最寄の駅から公園までは人の列
私の前に、二人連れの若い女性、自然に会話が聞こえてきました。

「梅って、何となくババクサイって感じしてたけど
結構キレイだよね」

ババクサイが可笑しくて
笑いをこらえるのに大変! ここ数年、私にピッタリな梅祭り。
カメラをお供に、春の香りを満喫して来ました。

photo by ooyablog2 - -

ルッコラ

12-3-28-1

12-3-28-2
十字の花びらが個性的な野菜ルッコラ。
柔らかい内の葉はサラダに適し、カルシウム・鉄分・ビタミンCが豊富。
花も食べられて、サラダの飾りにも良いですね。

ツクシを探索にと出かけてみたのですが、寒い日が多かった今年
全く、顔も出していませんでした。
4月の初旬ぐらいには、ひょっこり現れているでしょうか。

ルッコラの隣には菜の花。
こちらも、これからが盛りのようでした。
柔らかい内に、ササッと茹でて・・・恵みの春ですね。

12-3-28-3

12-3-28-4

12-3-28-5

photo by ooyablog2 - -

ニオイスミレ

 12-3-24-4

12-3-24-2

12-3-24-3
曇り空から雨が降り出した青梅市。
我が家に今年やって来たニオイスミレのツボミが開き始めました。
花びらが八重なので、開花も少しづつ捲れるように。
毎日の観察がとても楽しみです。

子犬が居ない時期と、花の少ない冬が重なり、こちらのブログも
留守がちになることが多かったのですが
これからは春を感じながら彩りも明るく賑やかになりそうです。

photo by ooyablog2 - -

2012白梅

 12-3-18-1

12-3-18-2

12-3-18-3

12-3-18-4
紅梅より、1週間ほど後で盛りを向かえた白梅。
見た目は紅梅のように艶やかさはないのですが、良い香りです。
毎年、撮影を楽しみにしているのですが、数本は病気で花が
咲かないそうで残念です。
青梅市梅郷の梅の公園、開花が遅れているとのこと
今年は寒いですからね。

photo by ooyablog2 - -

2012紅梅

 12-3-12-1
今年も美しく咲いた紅梅。
木の下には緑の草が伸び始め、紅色の花を引きたてています。


12-3-12-2

12-3-12-3

12-3-12-4
今日はだんだんと日がかげり、雨が降りだしそうな空模様。
美しい青空を背景に、とはいきませんでしたが
それなりに落ち着いた雰囲気の紅梅写真になりました。


12-3-12-5

photo by ooyablog2 - -

福寿草の葉

 12-3-6-1
我が家に初めて咲いた福寿草、前回の撮影から約一ヵ月半
グングンと伸び葉も繁り立派に成長しました。


12-3-6-2
普通ならば、葉が出て花が咲く。
福寿草は逆なんですね。
今は、沢山の葉の下にも蕾がありますが少々小粒。
栄養が足りないのかな?鉢が小さすぎたかな?


12-3-6-3

12-3-6-4
落ち着いた深みのある葉色が良く似合います。
三鉢の福寿草を大きな一鉢に移動したいと考えています。
時期も分からず、鉢さえも準備していないのですが・・・是非。


12-3-6-5

photo by ooyablog2 - -

2012雪割り草

 12-2-28-1
実際の大きさは、1円硬貨か10円硬貨ほどの小さな花。
今日は思いっきり大きい姿でアップしてみました。


12-2-28-2

12-2-28-3

12-2-28-4
色々な種類が有り、それぞれ特徴のある名前がついているのですが
何度聞いても覚えない・・・花の名前はややこしくて苦手です。
毎年、拝見しているのですが、いつもまとめて雪割り草と
呼ばせて頂いております。


12-2-28-5

photo by ooyablog2 - -

ヒヨドリ

12-2-23-1
小雨の降る中、外から聞こえる けたたましい鳴き声。
今、一番よく見かけるヒヨドリです。


12-2-23-2
天気の良い日には、メジロ達で賑わうムベのツル。
今朝は、数匹が群れとなり、メジロを追い立てていました。


12-2-23-3
中途半端な大きさと、大きな声に地味なんだか派手なんだか
よく分からない羽色と模様。
頭の冠羽がツンツンして、何となく偉そうな強そうな・・・装い。
花芽をついばんだり、ちょっと嫌われ者でしょうか。

photo by ooyablog2 - -

ロウバイ

 12-1-17-1

12-1-17-2

12-1-17-3
花の少ない冬に咲き始めるロウバイ。
イメージは、淡い黄色の花が一段と映える青空だったのですが
今日は、あいにくの曇り空。
思い浮かべる元気なイメージとは多少違っていますが
落ち着きのある、こんなロウバイも良いのではと
アップしてみました。

photo by ooyablog2 - -

セキレイ

12-2-12-1

12-2-12-2

12-2-12-3
天気の良い昼下がり、珍しく黄色いセキレイに会いました。
一番多く見かけるのがハクセキレイ、たまに道路脇などにも出てきたり
畑などには何羽かの集団だったり。

河川敷で撮った画像は・・・石の色と同化して、何とも絵になりません。 
そして、このセキレイの特徴は、常に長目の尾羽を上下に動かし
落ち着きが無いこと。
シッポだけがピンボケ写真の続出でした。


12-2-12-4
こちらは、慌てて水に入るカルガモ。
河原でのんびり、日光浴していたのに・・・全く気付かずゴメンナサイ。
互いに驚いた瞬間でした。
そして、写真を観たら右下にボケボケなハクセキレイ
石だと思いますね。

photo by ooyablog2 - -

白鷺食前食後

 12-2-4-1
暖かな昼下がり、愛犬を連れ、多摩川に。
今日も白鷺が小魚を狙っていました。

12-2-4-2
羽を広げ、影を作り、長い足を起用にまげて・・・

12-2-4-3
何と「アッ」と言う間に咥えています。

12-2-4-4
踊り食い。

12-2-4-5
首が、驚く程伸びていた白鷺の食後でした。

photo by ooyablog2 - -

ニャンダフル

 12-1-31-1
風もほとんどなく、満腹になった後は、
日向でニャンダフルに昼寝のドレミちゃん。

12-1-31-2
それにしても、地味だけれど賑やかな毛色。
いつも言う 「どこでも保護色」
身体はサビトラ、顔はキジトラ風。


12-1-31-3
お気に入りの場所から動かない猫。

12-1-31-4
遠くに飛行機の音が聞こえます。
大きな鳥だと思っていたら・・・いつか捕まえて食べてみたい。
そんなことを考えて・・・いないかッ。

photo by ooyablog2 - -

福寿草

 12-1-26-1

12-1-26-2

12-1-26-3
2日ほど前から咲き始めた、春を迎える花。
周囲には積もった雪が溶けずにまだ残っています。
日当たりの良い場所に置いたので、ちょっと早い開花でしょうか。
日差しがなくなると花びらを閉じ、とても愛らしい花ですね。
幸福と長寿・・・福寿草

photo by ooyablog2 - -

ビオラも

12-1-20-1
朝から小雪の舞う青梅市。
東京の初雪ですね、我が家のビオラも軒下に非難。


12-1-20-2
溶けた雪が水滴に変わり、キラキラと飾り付けしていますが、やはり寒そう。
普段とは違った雰囲気のビオラにカメラを向けてみました。

12-1-20-3


12-1-20-4
花びらが自然と水を弾くように・・・上手く出来ています。

12-1-20-5
冬の花々の少ない時期、ビオラはいつも目を楽しませてくれます。

12-1-20-6
小さいけれど、丈夫で長持ち!

photo by ooyablog2 - -

猫にも貫禄

12-1-14-1
猫にも風格とか、貫禄との言葉があるのなら、それらしくなった最近のドレミ。

12-1-14-2
野良から一歩生活が楽になったのか、体格も良くなり、
やせ細っていた頃とは、顔つきも変わってきたようです。


12-1-14-3
此処の所、シャーと言う声を忘れていたのですが・・・久しぶりに
脅しをかけられました。
ご飯の催促なんですがね。
それならば、それらしく、ミャ〜とか愛らしい声を出せばよいのに。
猫撫で声ってもの、知らないで生きてきたのかな!?


12-1-14-4
こわい顔ばかりしてないで、たまには笑ってごらんなさい。

photo by ooyablog2 - -

子犬のあやとり

 12-1-10-1-
今日のオモチャは長い紐。

12-1-10-2-
さ〜、ひとりで何して遊びますか?

12-1-10-3-
こっちのオテテをいれて〜

12-1-10-4-
こっちのアンヨ・・・アンヨを、よいしょ。

12-1-10-5-
あやとり、出来ました!

12-1-10-6-
あやとりに飽きたら、綱引き。
お口で引っ張るのは、反則です。

photo by ooyablog2 - -

2012もチワワっ仔

 12-1-4-1
みなさん、新年あけましておめでとうございます。

12-1-4-2
生後70日を迎えた子犬ちゃん、2012年の初写真です。

12-1-4-3
初写真と言うより・・・初イタズラ。

11-12-4-4
ブログ「大家の日記」そして、こちらの「写真ブログ」
いつもご覧頂きありがとうございます。

花の少ない時期や子犬の居ない時期・・・中々カメラも活躍できず、
ながぁ〜い開店休業もありました。
それでも楽しく続けてこられたのは、覗いて下さる皆様のお陰、
嬉しい励ましは、今後の活力。

感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、のんびり更新になると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

photo by ooyablog2 - -

チワワらしく、愛らしく

 11-12-21-1


11-12-21-2


11-12-21-3
生後57日目を迎えた3頭のチワワ犬。
巣立ちを前に、記念の写真を撮りました。
長男、次男、長女〜共に両親の良いところを全部受け継いだような
可愛らしい子供達です。

photo by ooyablog2 - -

梅もどき

 11-12-13-1
先日、ご近所で頂いたツルウメモドキの枝。
たっぷり実った赤い実がとても可愛いです。

今夜は、これをメインにクリスマスリースを作ろうと思います。

夕方、近くの山へ行き、葉っぱを採って来ました。


11-12-13-2
松ぼっくりも材料の仲間に入ります。
さて、どんなクリスマスリースが出来上がるのでしょうか・・・
photo by ooyablog2 - -

長女ちゃん始めて服を着る

 11-12-6-1

11-12-6-2
生後42日目を迎えた長女ちゃん、飼い主様決定記念写真〜と
張り切って洋服を着てみました。

しか〜し

数分後には、片袖脱いで、勇ましい遠山の金さん。

11-12-6-3

「この桜吹雪が目に入らぬか」

11-12-6-4
まだまだ裸がらくちん、らくちん、長女ちゃんでした。

photo by ooyablog2 - -

親子チワワ

 11-11-27-1
生後33日目の子犬達と母犬。
始めての家族写真は・・・

11-11-27-2
一応、並んでいるつもり?でしょうか。
実は、「座れ」も「待て」も出来ない(知らない)ママです。


11-11-27-3


11-11-27-4
子犬達もかってに遊びだし、中々難しい集合写真でしたが、
少し誇らしいげで、とても優しい母犬の表情を感じて頂けたら嬉しいです。


11-11-27-5

photo by ooyablog2 - -

耳が舟です

11-11-21-1
特別怖いものも無いようで、のんびりと過ごしている猫。 
10日ぶりに見た婆ちゃんにドッキリ。
恐怖と警戒でしょうか、耳が舟形になっちゃいました。


11-11-21-2
相当ビックリしたみたいでしたが、耳も表情も穏やかに戻りました。

11-11-21-3
「婆ちゃん、脅かさないで・・・」
婆ちゃんも腰抜かしそうに驚いていましたよ。

カメラを向ける私には、猫達の会話を理解する事は出来ませんが、
こうして、改めて写真を観てみると・・・
うん! 何となく分かるような気がして、楽しいし、不思議です。

photo by ooyablog2 - -

レッサーパンダ

 11-11-13-1
この表情と言いますか、色の配合と言いますか・・・
お顔の造作と白の入り具合が、まことに愛らしいく、得してます。
この場合は「徳」と書いた方が良いかも知れませんね。

そして、私のカメラテクニックも上達したものだ・・・と。

良くご覧になるとお分かりと思いますが、パンダの背中の後方に
檻が写っています。
それと同じ檻が手前にも当然あるわけで・・・
ほぼ、全身を被写体にしての檻抜き画像は、数えるくらいの成功率。
目出度い一日となりました。


11-11-13-2
愛らしいレッサーパンダですが、やはり熊の仲間。
手の形と爪が鋭いです。
抱っこぐらい出来そう〜って思うのは、無理?

11-11-13-3
おっとりしているように見えますが、意外と動きが激しく、止まっていないんです。
多摩動物園のレッサーパンダ舎にも行ったことが何度もありますが、
未だ、一枚の撮影も成功ならず。
檻もなく、環境は良いのですが、遠すぎて今一。

レッサーパンダを近くで見るなら、東京都羽村市・羽村動物園です。

photo by ooyablog2 - -

ベニコンゴウインコ

 11-11-10-1
羽村動物園の人気者、大型インコ。
美しい羽のお手入れで、いつも忙しそう。


11-11-10-2
挨拶なのか、愛情表現なのか・・・たっぷり時間をかけて、
カメラを向けられても、お客さんの「こんにちわ!」の声もも気にせず。


11-11-10-3
美しい羽色ですね〜そして、素朴な疑問。
羽を切っていることもなさそうだし、足をつながれているわけでもないのに
どうして、飛ばないのでしょう。
今度、飼育員さんに聞いてみようっと。


11-11-10-4
こんなに鮮やかな色をしてるので、オスなのかと思ったら、
この種のインコはオスもメスも同じだそうですね。
仲の良い2羽、夫婦なのかしら?

photo by ooyablog2 - -

ワオキツネザル

 11-11-7-1
羽村動物園の輪尾キツネザル。
マダガスカル島に住む原猿だそうで、ちょっと見は怖そうですが、
オリの向こう側では、いつも仲間同士が仲良く団子を作り、寄り添っています。


11-11-7-2
小さく舌をペロっと出した、この子・・・
ちわわ荘の、だいちゃんを思い出しました(笑)


11-11-7-3
モノトーンの身体に金色の瞳が、とても魅力的なお猿さんでした。
他の場所と同じ様に、格子のオリが有り、その手前には柵もあります。
そこから望遠レンズでピントを合わせるのですが、
この子達、動かないんです〜カメラ目線・・・見事でしょ。
それだけ、好奇心が旺盛で、臆病でもないってことなのでしょうかね。

photo by ooyablog2 - -

金銀ケイ

 11-11-4-1
羽村動物園のキンケイ。
キジ科のオス鳥の美しさには、鳥でなくても心を奪われます。
恋の時期には、首元の鎧のような羽を大きく広げ、求愛のダンス。

11-11-4-2
求愛されるには、非常に地味なメス。
それでも、モテモテ。

11-11-4-3
銀ケイの男の子だって、金ケイに負けないくらいの容姿。
私は・・・どちらかと言いますと、金より銀がタイプかな。

中国のチベット地方の岩場に生息するらしいのですが、
神様の芸術作品の一例とも思える美しさです。
尾の先端までは非常に長く、カメラにおさまらなかった!

自然界では、金ケイとの雑種が多く
純粋な銀ケイが少なくなっているそうです。
きっと、子孫繁栄に関しての複雑な問題があるのでしょう。

photo by ooyablog2 - -

野紺菊

 11-10-30-1
花の少ないこの時期でも、雑木林や河川敷で見かける野菊。

11-10-30-2
野の根と書くのかと思っていたら、野の紺と書くのですね。

11-10-30-3
紺と言うよりも、青紫で花の終わりが近くなると色が薄れ、
やがては白になってしまうようです。
素朴な野菊ですが、少し遊んでみました。

11-10-30-4

11-10-30-5
本当は10円硬貨ぐらいの小さな花ですが、こうして見ると、
地味だけれど、コスモスにも負けていないでしょ。

photo by ooyablog2 - -

ロングコートチワワ三姉妹

11-10-19-1
オモチャで遊ぶことが大好きな、小さいけれど一応姉・・・長女です。
名前は、チョコちゃん? になるのか、ただ今ご家族で会議中。
何しろ動きが 激しくて、やっと撮れた貴重な一枚です。


11-10-19-2
ブラックタンとレッドの間に誕生したパーティーカラーの次女。
マイペースで、しっかりしたタイプですが、意外に頑固な部分もあり!
カメラがスキなのか、「私が好き?」なのか、いつも目線をくれる繭ちゃんです。

11-10-19-3
今日は、オスマシポーズがきまりました! いつもは縫いぐるみ相手に
格闘していますが・・・用心深く、石橋叩いて。
危険ではないと分かれば、スキップしながら渡ります(笑)

巣立ちを迎える前の三姉妹記念撮影でした。
そうそう、姉妹の中のお殿様、長男君は未だ飼い主様募集の身
「子犬出産情報」に可愛い写真を更新しました〜観てください。

photo by ooyablog2 - -

2011 雪豹

 11-10-10-1
何度観てもたまりません、雪豹。

11-10-10-2
勿論、トラであったりライオンであったり、ネコ科の動物は全て魅力的。
しかし、この瞳の色と身体の色。
写真でつかむには、難しくて、いっその事、白黒で・・・

おまけに、多摩動物公園の雪豹舎には、自然環境に似せたのでしょうね。
岩までもが、同じ色。
せめて、背後が緑豊かな草原だったら、と思います。


11-10-10-3
何さッ。

11-10-10-4
この日は、2頭の子供達も外に出ていたのですが、私の望遠レンズでは、
遠すぎて無理でした。
もっともっと凄いレンズが欲しいな〜なんて、ちょっと思ってみましたが、
今のカメラで写せる花や動物達を追えば良いのかな〜なんて。
いつか、アフリカに移民する時は、買って行きます(冗談)
photo by ooyablog2 - -

猛禽類だけど

11-10-7-1
迫力のある風貌、大鷲。
強そうな口ばしに鋭い眼差し、でもカメラのシャッター音に
小首をかしげる様子は、やはり、住まいは多摩動物園。


11-10-7-2
ピンク色の可愛い舌をペロ。 
白フクロウは昼間も活動するので、園を訪れる度にモデルにぴったり。
動きも穏やかですから・・・半分寝てるのかもですが。

11-10-7-3
尾白ワシも非常に怖い印象なのですが、ピクリとも動かないで、緊張?
名の通り、シッポ(尾)に白い羽があるのですが、ここは動物園。
手前には、可也小さい目の網があり、全体を狙うと、網が写り込みます。
網目の間から望遠レンズで撮影しました。
尾が印象的なのに残念です。

photo by ooyablog2 - -

2011秋明菊

 11-10-1-1
秋の装いに落ち着いた雰囲気で花を咲かせるシュウメイギク。
特別に個性的でもなく、さほど目立つ容姿でもないのですが、
何となく、心がひかれます。

11-10-1-6
私は、どちらかと言うと、桃色が好き。

11-10-1-3
どこから撮っても、どの花撮っても愛らしいですね

11-10-1-4
アップだって〜実際の花の倍はありそう。

隣にも小さな花が咲いていました。

でも、やたらと蜂が多くて。
蜂が被写体になりました。


11-10-1-5

photo by ooyablog2 - -

2011 彼岸花

 11-9-25-1
今年も彼岸花を観に行って来ました。
台風の去った後との事もあり、地面に程近い茎の部分から折れ、
倒れてしまっている花が多く、残念でした。

11-9-25-2
それでも、目に鮮やかな、独特の姿は不思議でもあり、魅惑的。

11-9-25-3
艶やかとは、この花を観て語って欲しい。
そんなことすら思ってみたり。
年に一度、恋焦がれる気持ちで会いに行っています。


11-9-25-0
この花は、不思議なくらい、自然が似合うんですね。
手折って持ち帰りたいとは、決して望まない花です。

11-9-25-5
天界に咲く華との肩書きではなく、ただ何となく・・・
photo by ooyablog2 - -

仲良し子犬

 11-9-20-1
生後26日目の可愛い長男チワワと長女チワワ。

11-9-20-2
手をつないでみました〜

11-9-20-3
いっしょに居ると、安心なのでしょうね。
良い表情を見せてくれました。

11-9-20-4
こちらは、三女ちゃんと次女ちゃん。

11-9-20-5
何を話しているのかな?
写真を撮る度に、ちょっと心配そうだった母親も
今ではすっかり私任せ、わたしの赤ちゃん達、
どうぞ〜いっぱい写してくださいな。

photo by ooyablog2 - -

母犬

11-9-12-1
出産から、そろそろ3週間を迎えようとする母犬と子犬。
乳を含ませ、穏やかな表情に静かな安らぎと命を感じ、
カメラを向けてみました。


11-9-12-2


11-9-12-3


11-9-12-4
どんな世界でも、母と子の様子には愛おしさがいっぱいですね。

photo by ooyablog2 - -

ボルケーノ

11-9-7-1


11-9-7-2
我が家にハイビスカスの3鉢目が加わりました。
台風が通り過ぎるまで、軒下で待機、今日の晴天に合わせた様に
開花していました。
デンマーク生まれの新しいハイビスカスだそうです。

photo by ooyablog2 - -

ハイビスカス

11-8-27-1
ハイビスカスのアポロ。

11-8-27-2
ボレアス。
両方とも頂き物〜勿論我が家で私が育てるのは初めてです。
暑かったり、大雨の日があったり、安定しない日本列島関東ですが
元気に咲いています。
ハイビスカスの魅力に浸かった今年の夏。
まだ、初心者ですが、好きな花、お気に入りランキング上位に急上昇。
花色の種類も豊富で丈夫。
多種育成したくなりますね。


11-8-27-3
こちらは、殿様バッタ。
幸い、硬いハイビスカスの葉は、お好きでないみたいです。
絶対に食べないでね。

photo by ooyablog2 - -

雨上がり

 11-8-22-1
縞模様の葉に付いた水滴。
綺麗なガラス玉みたいです。


11-8-22-3
この時期、林の中は殆ど緑一色。
まだ咲き始めたばかりのクズの花ですが、目を引きました。


11-8-22-2
葉の裏側には、アカハネナガウンカ。
朱色の身体は5ミリほど、丸っこくて、青い目が可愛らしい。

11-8-22-4
花よりも蝶や虫の方が目立つ、雨上がりの散歩でした。

photo by ooyablog2 - -

涼しい寝床

11-8-11-1
玄関ドアーを開けて、驚かさせるのが、この光景。
ワイヤープランツを寝床にして眠る様子が、何とも気持ち良さそう。


11-8-11-2
起こしてしまったかな。

11-8-11-3
あたりを見回して・・・

11-8-11-4
私のカメラと、にらめっこ。

11-8-11-5
まだまだ、寝足りないのか、ゴロンゴロンと鉢の中で寝返り。
「あぁ〜ワイヤープランツが・・・」と嘆く私でした。

photo by ooyablog2 - -

2011夏

11-8-3-1
暑中お見舞い申し上げます。

11-8-3-2
晴たり曇ったり、今日も変わりやすい天気です。

11-8-3-3
スミレちゃんには二度目の夏。
去年頂いたワンピース、ちょっときつくなりましたが着れた。
レディーと呼ぶには・・・ですが、成長しましたね。

11-8-3-4
相変わらずカメラの前から動かない。
今日も上手にモデルさんが出来ました。
少々お疲れかしら?
 

photo by ooyablog2 - -

林の中で

 11-7-25-1
薄暗い林の中、遠くからでも目を引く鬼百合。
赤鬼の面に見立て、この名がついた。
そんな説もあるようですが、少々気の毒な名前のような気がします。
オレンジ色に黒い模様、なかなか洒落てると思いますがね。

11-7-25-3
このカナブン、ハルシオンの花にぶらさがり、必死の様子。
どうも、上に移動したいらしいのですが、思うように登れず・・・
羽が有るのだから、飛んでみては如何?

11-7-25-4
七月も末になり、トンボを目にする事も多くなりました。
こちらのハグロトンボ、4枚羽を時々広げるのですが、
その間隔が一定で、広げる速度も一定。
何の為にそうしているのかは分かりませんが。
始めと終わりまでを連写すると、全く同じ様子が2枚ずつ現れます。
普段は、黒いだけの地味なトンボですが、羽の動きは真に優雅なものでした。

連写の殆どがピンボケ。
そこが難しい静止画像!!
(蚊に刺されながらも、ねばったのに残念)

ちなみに、別角度ですが、ハグロトンボのマックス羽オープン。

11-7-25-4

photo by ooyablog2 - -

2011山百合

 11-7-17-1

11-7-17-2

11-7-17-3

11-7-17-4

今年の山百合。
雨が少なかった為か、花の傷みも殆ど無く、とても美しく咲いていました。
山に咲く百合、目立ち過ぎるくらいにゴージャス。

photo by ooyablog2 - -

2011大賀蓮

11-7-13-1
青空の広がる朝。

11-7-13-2
今年は、行って来ました。
広い水田の中にある蓮池。
田植えが終わり、見わたす限りの緑の中、白や薄桃色の大賀蓮は
遠くからでもとても目立ちました。

11-7-13-3
まだ、1週間か2週間は早い様子で、蕾が多かったのですが
やはり、蓮の花は眺めているだけで落ち着きます。


11-7-13-4
下の方の葉には、小さな緑色をしたカエルが・・・
涼しげでした。


11-7-13-6
白い蓮は、とても優雅ですね。

photo by ooyablog2 - -

猫のひたい

11-7-7-1

涼しい午後なので、猫のひたい程の庭ですが、
草むしりでもしようかと玄関ドアーを開けると
そこには、猫のひたいが・・・

こうなると、草むしりよりも楽しい猫遊び。

未だに触れ合いは出来ませんが
ワンタッチ〜成功を一々喜ぶわたしです。

すきあらば背中を一撫で。

心で叫びます「やったぁ〜」
だからって、どうって事もないのですがね。

狭いひたいでもナデナデ出来たら、嬉しいかも。
まず、無理でしょう。
前足触って、何度もひっかかれましたから、
その都度、水道水でジャガジャガ洗い流して退散。

それでも猫がスキ。


11-7-7-2

11-7-7-3

11-7-7-4

11-7-7-5

photo by ooyablog2 - -

2011紫陽花

11-6-28-1

11-6-28-2

11-6-28-3

11-6-28-4

11-6-28-5
今年も美しい紫陽花が見ごろを迎えています。
色の豊富さも魅力の一つですね。
どこにピントを合わせたら良いのか、ファインダーを覗きながら
中々シャッターが押せない(笑)
 

photo by ooyablog2 - -

ハイ、ポーズ

 11-6-16-1
ちょっと哲学者。
でも、目線の先に有る物は、風に揺れる洗濯物でした。


11-6-16-2
貴重なウサギ時代のボクです。
走る姿も、ウサギなんですよ。


11-6-16-3
乙女チックにポーズをきめてみました。
その表情・・・なかなかのものですね。

photo by ooyablog2 - -

青梅市吹上菖蒲園

11-6-13-1
雨上がりの曇り空でしたが 、菖蒲観賞には最適。
暑くもなく、山に囲まれた園内は、冷たい風を感じるほどでした。


11-6-13-2


11-6-13-3
午前中まで降っていたのでしょうか、薄い花びらには雨粒が残っていました。

11-6-13-4
どの角度で撮影しても、同じような花ですが、逆にどこから写しても美しい。

11-6-13-5
まるでランの様な艶やかさ、名前は 「日の丸一号」
何だか、似合わない名前・・・


11-6-13-6


11-6-13-7
園内の花達は半分も咲いていませんでした。
今年は遅いそうです。
近いので、いつでも行かれそう。
気分しだいでは・・・

photo by ooyablog2 - -

水田とカモ

 11-6-9-1
地味な羽色ですが、オレンジ色の足が可愛いカモ?

11-6-9-2
直ぐ近くには多摩川が流れているのですが、水田の方が好き?カモ。

11-6-9-3
ここは、蓮が伸び始めた池。
7月、8月には大きな古代蓮が花開くのですが、水の状態が余り良くないカモ。


11-6-9-4
水田に集まるカモと言っても、相手は野生。
望遠レンズでねらってみましたが、ピント合わせは難しい。

11-6-9-8
カモの画像を載せて、丸々太って・・・と言うのも変ですが
羽艶も良く、健康的。

散歩の目的は、水田とカモではなく、睡蓮だったのですが
花が2個しか咲いておらず。


11-6-9-7


11-6-9-6
でも、カモが遊んでくれました。

photo by ooyablog2 - -

チワワ生後39日

 11-5-29-1
まだまだ、フワフワのかたまりみたいな子犬。

11-5-29-2
ちゃんとカメラも意識して?

11-5-29-3
初めて渡されたオモチャ。

11-5-29-4
咥えて、キュッキュって鳴らしてごらん〜出来ないか・・・

11-5-29-5
でも、大切な始めてのオモチャです。

photo by ooyablog2 - -

芍薬、座れば牡丹

11-5-23-1


11-5-23-6


11-5-23-3
あなたに、この花は大きすぎませんか?

11-5-23-4


11-5-23-5

艶やかで、優しく、美しすぎる大輪に、心を奪われた一時。
ため息が出るくらい・・・
写真ではとても、とても、表現が出来ない。
小雨の降る午後でしたが、来て良かった。
そんな思いが、ちょっぴり満足。

photo by ooyablog2 - -

兄と妹

11-5-18-1 

11-5-18-2
生後28日目を迎えた、茶色い妹と黒い兄。

11-5-18-3
二ヶ月間、母のお腹の中で育ち、二ヶ月間「ちわわ荘」で過ごし
やがて、新しい家庭に巣立ちます。

11-5-18-4
同じお家に引越しの決まった兄と妹。
これからも、ずっと一緒だね。

photo by ooyablog2 - -

山吹

11-5-5-1
あまり日の当たらない、林の中の山吹も
そろそろ、花びらを落とす時期が来るのかな。
 

11-5-5-2
これ以上広がりません、それくらい花びらをそり返し、並んだ花。
まだまだ、艶っぽいですよ。


11-5-5-3
垂れ下がった細い枝の先に見つけた蕾。
頑張ってるね。


11-5-5-4
周りの大きな木を見上げれば、ついこの間まで準備中だった山藤が
豊かな房を沢山下げていました。
季節のうつり変わりは早いのに、冬用の靴下履いてる私。

photo by ooyablog2 - -

2011シャガ

11-5-2-1
アヤメ科の多年草。
杉林の中に、そっと咲く姿が好きで、今年も写真を撮りました。


11-5-2-2
民家の裏庭などでもよく見かけます。
切花にして持ち帰りたい、そんな気持ちになりますが
花は一日で閉じてしまうそうで、やはり自然の中が似合いますね。


11-5-2-2
正面から眺めても形の良い花ですが、ちょっと斜めに構えた姿がお洒落です。

11-5-2-4
後ろには、時期を終えそうな黄色の花。
皆、それぞれの出番を良く分かっているんですね。
「後は任せて」とでも言いたげに、たくさんの蕾を付け、
一年の、たった今日一日、得意そうに花びらを広げるシャガ。

自然豊かな青梅市の環境、いつまでも残しておきたいですね。
photo by ooyablog2 - -

2011踊子草

11-4-28-1
今年も、踊子草を見て来ました。
背も低く、花も小さいので、なかなか良い写真が撮れない のですが
その姿は、笠を被った踊り子さん。
みんな同じ格好で並んでいます。


11-4-28-2
こちらでは、舞扇を揺らしながら、舞っています。

11-4-28-3
「踊りが終わりました」 拍手。
薄暗い中ではありますが、ポワっとした優しい雰囲気を
いっぱい感じた、心地の良い一時でした。

photo by ooyablog2 - -

2011二輪草

11-4-23-1
こんな可憐な花、二輪草。
今年も近くの小道に沢山咲きました。
シベも、良く見ると 花火のようで美しい。
思いっきりマクロでの撮影・・・別の花みたいです。

11-4-23-2


11-4-23-3


11-4-23-4
カメラって不思議で楽しい。

photo by ooyablog2 - -

菜の花と蜜蜂

11-4-18-1


11-4-18-2


11-4-18-3


11-4-18-4
忙しそうに菜の花の間を飛び回る蜜蜂。
足には花粉団子が重たそう、顔も粉っぽくなっています。
一生懸命な作業中に、カメラを近くして、お邪魔しました!
 

photo by ooyablog2 - -

2011大根花

11-4-16-1


11-4-16-2
初夏を思わせる様な日差しの中、大根花とハコベが一番目立っていました。
今が盛りでしょうか、小さな白いポツポツ模様の絨毯の中から
青紫色の花が、風に揺らぎ、とても爽やか。
野生の草花の愛らしさを感じました。


11-4-16-3
そして、いつも思うのですが、この花は、写真写りが良い!!

11-4-16-4
今年も、白いの見つけました。

11-4-16-5

photo by ooyablog2 - -

2011 桜

11-4-10-1
今年も多摩川河川敷に咲く 、桜を見て来ました。
満開で一番良い時期だったみたいです。

11-4-10-2
天気が良ければ、この沢山の蕾もすぐに開くのでしょうね。
梅も良いですが、やはり待ち遠しいのは桜かな。

11-4-10-4
遠目も美しく、アップも可愛い。
最高ですね。

11-4-10-5


11-4-10-6

今年も目の保養、心の保養が出来ました。

photo by ooyablog2 - -

2011 カタクリ

11-4-4-1
日付けが・・・違う! 4/4でした。

11-4-4-2


11-4-4-3 
毎年、撮り続けているカタクリの花。
昨年、一昨年よりも2週間程遅かったのですが、まだまだ美しく咲いていました。
光に照らされ、逆光だったり・・・
足場が悪く、カメラを構えてみれば、花達の姿は揃って後ろ向き!

今年も花を踏まないように、歩いて来ました。

photo by ooyablog2 - -

雪柳

 11-3-31-1
久しぶりに散歩に出てみると、周りは春の花色がとても美しく
「いつの間に」と驚く程でした。
ご近所の雪柳は、垣根の様に手入れをされ、遠目には豪華で、
近くに見れば愛らしく、カメラで覗けばまるで別の花。

11-3-31-2
ばら科の雪柳、何となく納得。

11-3-31-3
今日の天気は、めまぐるしく変わり、太陽も出たりひっこんだり。
その度にカメラの設定を変えて・・・


11-3-31-4
途中からは風も強くなり、雪柳は揺れる、揺れる。
もう少し、色々な角度からも撮影したかったのですが、諦めて帰宅。
落ち着いた天候の日を選んで、満開を楽しみたいです。

photo by ooyablog2 - -

スミレ(チワワ犬)

11-3-21-1
3月14日に1歳の誕生日を迎えたスミレちゃん。

11-3-21-2
すっかり忘れて・・・ごめんね。

11-3-21-3
ケーキはないけれど、記念写真を撮りました。

11-3-21-4
何をされても、この通り、素直で可愛い女の子です。 

photo by ooyablog2 - -

ツルニチソウ

11-3-19-1
今年も咲き始めたツルニチソウ。
何年か前に林の中から折って持ち帰り、刺したものなのですが
すごい勢いで、成長。


11-3-19-2
寒さにも強く、丈夫な花のようですね。
色が白っぽいような気がしますけれど、葉っぱの色ともお似合いです。


11-3-19-3
本家雑木林のツルニチソウは花も大きく、色も濃く、とても目立ちます。
まだ、蕾もつけていませんが・・・

そちらの開花も楽しみです。
photo by ooyablog2 - -

青梅市吉野梅郷

11-3-9-1
長年青梅市に住みながら、初めて訪れた梅の里です。
梅祭り開催と同時に行った時は、まだまだ寂しい三分咲き。
蕾も多かったのですが、今日はほぼ満開に近い様子でした。


11-3-9-2
梅の種類もたくさん有り、早咲きや遅咲き。
花を落とし始めている木も目立ちました。


11-3-9-3
そうかと思えば、殆どが固い蕾だったり。
これだけ広く、山の斜面に植えられていることもあり、頂上との温度差にも
影響がありそうです。


11-3-9-4
紅葉時期の風景写真と違い、一面に広がる梅林は、
写真写りが悪いような気がします。
天気がもう少し良ければ、青い空が彩りを沿え、
景色撮影苦手!な私の見方をしてくれたのではないかと思うのですが・・・
ちょっと残念。
どうぞ、澄み渡る青空を想像して、ご覧下さいませ。

photo by ooyablog2 - -

雪景色

11-3-7-1


11-3-7-2


11-3-7-3
春の雪景色。
神社の屋根も薄化粧で、裏山の景色はモノクロの世界でした。
東京の雪も、これで見納め・・・となれば良いのですが、
めまぐるしく 変化する春の天気、どうでしょう。

photo by ooyablog2 - -

クリスマスローズ

11-3-1-1


11-3-1-2 


11-3-1-3
名前も素敵ですが、不思議な魅力を感じます。

11-3-1-4
今年もお庭にお邪魔して・・・「わぁ〜」とため息。
昨年よりも早いのか、何種類かはまだ蕾でした。
ご主人が、空き箱を2個重ねて、撮影しやすいようにして下さいました。
何で、下向いて咲くんでしょうね。
ちょっともったいない気もするけれど、それも良いのかな。


11-3-1-5


11-3-1-6
思いっきり、覗き込みました!
photo by ooyablog2 - -

ミニバラ

 11-2-23-1
丁度10日前に日記ブログに載せた、我が家のミニバラ。
通常は薄いピンクなのですが、寒さに耐え抜いて!?
こんな色になりました。
10日で、やっとここまで・・・バラらしくなり、毎日眺めては
花びらに、そっと触れています。


11-2-23-2
蕾も花びらを広げ始め、開花が楽しみです。

11-2-13-3
昨年とは、だいぶイメージの違うミニバラ。

11-2-23-4-
次は、ピンクの花が咲くのでしょうか。

photo by ooyablog2 - -

南天の葉

11-2-17-1 
何処にでも良く見かける南天。
午後からは太陽が顔を出し、カメラをお供に1時間程度歩いてみました。

11-2-17-2
根に近い方を見ると、鮮やかな色をした、新しい葉がたくさん。
まだ葉も薄くて、フレッシュ!


11-2-17-3
南天の葉がこれほど美しいとは。
色々な種類があるのでしょうか・・・
それとも、皆同じかな・・・
もっと真っ赤な葉もありましたが(撮影失敗)毎度のことながら残念!


11-2-17-4
散歩も休憩しながら、しばらく観察。
料理の飾りにしたら綺麗ですが、私が調理する物では、
きっと、引き立て役が逆になってしまいますね。
photo by ooyablog2 - -

兄ちゃんガンバレ食いしん坊

11-2-8-1
生後50日の子犬達、嗅覚も発達、運動神経もそこそこに・・・?
身体の割りに頭が大きいのは、この先も暫くは続きますね。
ドッグフードの入った缶に興味。

11-2-8-2
どうやったら、中身をゲット出来るのか。
背中を向けているのが弟、冷静に考える風な兄。


11-2-8-3
お兄ちゃん、強行にいきましたね。
応援する弟。


11-2-8-4
「ほら!兄ちゃん、もっともぐって ガンバッテ」
食いしん坊は同じなのに、こんな仕草にも兄弟の違いがチラホラ。
面白いですね。
お湯でふやかしたフードも食べごろ、この後、皆で完食しました。
photo by ooyablog2 - -

2011 梅

 11-2-2-1
紅梅よりも遅く咲き始めた白梅も半分ぐらいは、開いていました。
色は違っても花の少ないこの時期、カメラを持ったまま
しばし、見惚れていました。


11-2-2-2

11-2-2-3

11-2-2-4
暫く雨の降っていない東京。
寒さも影響しているのか、花びらがドライフラワーのように
カサカサになってしまっている花もありました。
この辺で、一雨欲しいですね。
photo by ooyablog2 - -

子犬ファッション

 11-1-26-1
ペンギンのように、胸が白い長男君。
ぴったりのTシャツをプレゼントしてもらいました。

11-1-26-2
如何かしら〜お洒落でしょ。

11-1-26-3
得意の「チラ見」目線です。

11-1-26-4
長女ちゃんは、リボンをつけてみました。
そして、次男君は寝ちゃいまして・・・次回にご期待ください。
まだまだ小さな子犬達、熟睡している時間が殆どです。
photo by ooyablog2 - -

12月21日生まれ長女

11-1-20-1
生後30日を迎える長女ちゃん。
初めてのお洋服を着てみました。


11-1-20-2
ちょっと様子が変でしたが、直ぐにシャキッ!
なかなか良く似合いますね。

11-1-20-3
ちょっと歩いてみたら・・・
後ろから、何やらフワフワが着いて来る。

11-1-20-4
逃げてる間に・・・お洋服が。
こんな姿も愛らしい赤ちゃんでした。
 
photo by ooyablog2 - -

生後26日の子犬

 11-1-17-4
ヨチヨチと歩くようになった子犬。
お座りの格好が・・・たよりない赤ちゃん座りです。


11-1-17-3
お兄ちゃんを枕にリラックスの弟くん。

11-1-17-2
何をやっても可愛い兄弟。

11-1-17-1
僕たちには、妹がいます。
「大家の日記ブログ」や「子犬出産情報」に出演していますので
ご覧ください。
みんな、飼い主様募集いたします。
photo by ooyablog2 - -

美しい川面

 11-1-14-1
久しぶりに向かったのは近くの多摩川、いきなり白鷺が飛び立ちました。
驚いたのは、私より、サギのほうだったようです。


11-1-14-2
流れがなく、池のようになった場所にも一羽。
水は澄み、鏡のように反射する川面は美しく、眩しいくらいでした。
聴こえてくるのは、小鳥のさえずり・・・


11-1-14-3
上流の渓谷にはかないませんが、透明度は可也のものです。
周囲の風景がすべて枯れ草色で少々残念ではありますが、
夏場には入り込めない川べりまで来られるのは、逆に冬だけです。
つくしが顔を出す頃が、一番綺麗かも知れませんね。
photo by ooyablog2 - -

チワワ兄弟

 10-1-6-1
つぶらな瞳が愛らしくあきました。

10-1-6-2
まだ、良くは見えていないと思いますが、何となく気配で分かるのでしょうか
ママが居ない! 初遠吠え?の長男君。


10-1-6-3
こちらは、まるでカメラを認識しているような眼差し、次男君。

11-1-6-4
眠いだけだったかな・・・
今はまだ、良く似た兄弟ですが、これらは見た目にも少しづつ違いが出て来て
可愛さも倍増です。


photo by ooyablog2 - -

お掃除犬ドルフィン

 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 本年も「大家の写真ブログ」をどうぞ宜しくお願い致します。

11-1-2-1
毎度お馴染みの掃除犬ドルフィン君、新年早々張り切っております。

11-1-2-2
チワワ犬には少し大きすぎるホウキですが・・・

11-1-2-3
狭い場所では、こんな風に・・・

11-1-2-4
上手にすり抜けます。

11-1-2-5
そして、今年は新たな掃除道具も買ってもらいました!!
photo by ooyablog2 - -

子守

10-12-26-1
12月21日に誕生したロングコートチワワ、3頭の子犬達。
目が開くまでには、まだまだ10日程 先になりますが、愛らしい寝顔です。

10-12-26-2
写真を撮っていると、子守をしに、だいちゃん保父さんがやって来ました。

10-12-26-3
子犬達を踏まないように、そんな様子はまるで母親のようです。

10-12-26-4
母犬も、だいちゃん保父さんには何の警戒もしません。
まさに、人畜無害。
最近は歯が殆ど抜けてしまい、赤ちゃんがヨダレまみれになってしまうのが
ちょっと困ります。

photo by ooyablog2 - -

猫も元気に

10-12-20-1
今年も残りわずか、親子の猫ちゃんも元気に過ごしました。
ご近所さんにも愛されて、幸せですね。

10-12-20-2
時々、植木鉢が引っくり返ってることもありましたが、何日か姿が見えないと
心配になる、可愛い地域猫。

10-12-20-3
鉢植えの影に、隠れているつもり・・・
photo by ooyablog2 - -

シャンパングラスツリー

10-12-9-1
立川昭和記念公園。
正面に飾られたグラスツリーが見事、高さ4、5mグラス数6、545個 33段だそうです。

10-12-9-2
水の上にライトアップされたグラスツリーも、綺麗で見惚れました。

10-12-9-3

10-12-9-4

10-12-9-5
寒さをあまり感じる事も無く、こんなに美しい物を久しぶりに見て
とても感動しました。
photo by ooyablog2 - -

小屋の中


吊り下げられたエサ入れから出て来たキンカチョウ。


大きくても小屋?の中、自由に飛びまわっていました。
同居・・・何と言ったら良いのでしょう。


同居ウサギ。


この子はとても人なつこい様子で、金網越しにカメラを見つけると
よって来ました。
近過ぎても、写せないのよね・・・


この子はとても臆病。
頭がモヒカンスタイルで、とても可愛い。
鳥小屋にウサギが居るのか、ウサギ小屋に鳥が居るのかは分かりませんが
散歩途中に寄っては、楽しんで眺めています。
photo by ooyablog2 - -

オフ会でゲット


留守番だったスミレちゃん。
オフ会でコートをゲットしました。


初めてのフードが少々気になるようですが、なかなか可愛くて
サイズもぴったり。


そして、販売したけれど、売れなかったペロペロキャンディー(笑)


毎日食べても良いけれど・・・一応3日に1本ね。
硬いオヤツも、あっと言う間に完食。
生後8ヶ月、歯もしっかり大人です。
photo by ooyablog2 - -

紅葉の渓谷


一昨日アップした、御嶽の紅葉に続き、渓谷の風景です。
下車した駅は青梅線の沢井。
美味しい豆腐料理や日本酒も有名で、観光スポットになっています。
夏の頃でしたか、渓谷に向かって歩いていたら、酒蔵にお勤めの
知人のご主人にばったり。
「なに〜バイト?」って聞かれました。
豆腐料理屋さんは観光の他に、中年女性の職場スポットでもあります。
我が家からもそれだけ、近いってことですね。

紅葉前に行った鳩ノ巣渓谷もそうですが、駅から近いのがとても良い。
そして、沢井から、御嶽までの遊歩道を歩いてみましたが、軽装で充分。


紅葉だけでも美しいのですが、渓谷の清らかな流れが加われば
ため息ものです。


美観を害うことのない吊り橋。
何度渡っても少々苦手ですが、お洒落です。
あまりにも揺れるので、振り向きました!
・・・だれも居ない。
自分が歩くだけでカメラが手ブレ?してるんです。


川も遠くから眺めるだけでなく、河川敷に降りて歩くことも出来ます。


暑かった今年の夏は、川遊びの人達で、賑わったことでしょう。


四季折々の風景を楽しめる東京の自然。
いつまでも守り、残していかなければいけませんね。
photo by ooyablog2 - -

紅葉の御嶽


















photo by ooyablog2 - -

ちわわ荘の菊


「ちわわ荘」に今年も咲いた菊。


葉っぱを食べてみました〜不味いでちた!

私も食べてみました。
・・・「オエェ!」でした。
photo by ooyablog2 - -

青い空と水


とても暖かな日中。
多摩川も空も穏やかに、澄み渡っていました。


橋を渡って対岸。
前回来た時は、真っ赤な彼岸花の群生が鮮やかだったのに
全く別の場所のようでした。
落ち着いた感じで、これはこれで美しい景色ですが。


こちらも桜の季節は艶やかなんですが・・・今日は水の量が多く
途中までしか進めませんでした。
落ちても膝下までですが・・・水がつめたい!


こちらは、一峰院。
形の美しい本堂と整った庭園。
せっかくの庭の写真は、失敗作〜酷いものでした。
光ってしまって天気が良すぎても難しい・・・(今日の感想)
雪景色も美しいのでは、そんなことを思いながら帰宅。
思ってはみるものの雪の日は・・・きっと外に出ないだろう。
photo by ooyablog2 - -

母子


子供に寄り添う母親。
ママになる前のシズカちゃんは、オテンバ娘のように、
どことなくオチャメなイメージだったのに、随分と変わったみたいです。
我が子を守る母の姿は、どんな動物の親も同じですね。








子供達がそれぞれの新たな住まいに巣立つ前に、再び会いに行きたいと
思っているのですが・・・どうかな。
photo by ooyablog2 - -

猛獣


多摩動物公園の猛獣・・・と言うよりも、ママになったシズカちゃん。
子虎がいるので、普段よりも警戒心が強いのかな?
そんな表情に見えました。


母親になって、益々美しくなりましたね。


3頭の子虎の誕生ですが、1頭は・・・あっちの笹藪で遊んでる〜。
まだ、産毛が多少残って、虎柄がシャキッとしていない赤ちゃんです。

そして、これも好きなネコ科動物。

チーター。
行動を観察・・・虎よりも飼い猫にちかいかも!
photo by ooyablog2 - -

昭和記念公園


園内の芝生も緑から黄金色に変わり、空も機嫌が良くなったり悪くなったり
秋らしい一日でした。


徐々に明るくなるコスモス畑。
大きな三角の木が、あんなに小さく・・・広いですね。
とても爽やかで心地が良い・・・時を忘れるって、
こんな様を言うのでしょうか。


何処を見てもコスモス色と天の色。
どんよりしていた空が、元気になりました。


パンパスグラスの繁る場所に到着。
空も真っ青! その代わりに暑い!
アルゼンチンからブラジル南部にかけて分布し、日本には明治の中期に
渡米したそうです。
開花は9〜12月。
写真でしか見た事の無かったパンパスグラス。
今日は、写真に撮って帰って来ました。
photo by ooyablog2 - -

鳩ノ巣渓谷


鳩ノ巣小橋、吊橋です。
五名以上一度に渡らないように、との注意書き、
それも見過ごしてしまいそうな小さな紙に! 
一人でも怖いくらいに揺れました。


下を流れる水の色が美しく、吸い込まれてしまいそう。


上流まで少し歩き、下から眺めるつり橋。
紅葉の時期は、一層美しいのでしょうね。


奥多摩、白丸、鳩ノ巣と渓谷の美しさは最高と言われています。
確かに。
でも、カメラを構えながら思いました。
皆さん、殆どの方が、同じアングルで撮影しているのではないかな。
photo by ooyablog2 - -

子犬、初めての外遊び










生後60日を過ぎ、今日は初めて外に出てみました。
日頃、狭い部屋の中では、なかなか撮れない動きのある画像。
子犬達の元気な姿や、何かに興味津々な様子が私にも良く伝わり
一層愛くるしさを感じる、一時でした。
photo by ooyablog2 - -

彼岸花NO2






今年は、見られないかと思っていた河川敷の彼岸花。
先日、家の近くで見つけた時も感激しましたが、それとは多少違う
もっと艶やかな姿。
緑の草に深紅の花、目がチカチカしました。
帰りには、ダリア畑に・・・


ちょうど雨が降り始め、カメラの中には、1枚。
雫が光っていました。
photo by ooyablog2 - -

生後56日




のんびり屋さんの姉も、ここの所で大分パワフルになってきました。
その分、イタズラも激しい・・・ってことになりますね。




オチャメな女の子、妹ちゃん。
今夜も姉ちゃんにひっついて寝ています。
photo by ooyablog2 - -

2010彼岸花











先日も買い物帰りに、彼岸花の咲く茂みに行ってみたのですが、
茎さえも見ることが出来ませんでした。
今年はダメなのかな・・・と思いながら帰宅。

そして、今日は直ぐ近くの公園の掃除日。
皆さんとも彼岸花の話になり、声を揃えて「今年は見かけない」
どんぐりが恐ろしい程落ちていて、何だか変な気候で植物も困ってる。
そんな事を語りながら竹ぼうきをしまって、掃除修了。

帰り道、何となく草むらに目をやると・・・彼岸花。
ほんの2箇所でしたが、1つはクリーム色。
こんな所に咲いていたとは、灯台下暗しです。
早速、カメラを持って出直しました。
特にクリーム色の花は美しくて、開いたばかりなのか器量良し。
花束のようでした。
photo by ooyablog2 - -

チワワです




前回、4日前の写真と比べると、ちょっとイメージが違う姉ちゃん。
そうなんです! お耳が立ちました。
チワワらしくはなったけれど、先だけ垂れた耳も可愛かったな。




小鹿のような妹には、ピィ〜ンとした、このお耳が似合います(笑)
元気イッパイ、生後47日目の子犬です。
photo by ooyablog2 - -

イタズラ得意な子犬です




ちょっと男の子みたいな姉。
革紐に夢中ですね、やっとのカメラ目線は遊び疲れた後。
ちょっと不機嫌? それとも眠いのでしょうか。




小さな顔に大きな目。
姉ちゃんと同じにやはり革紐に興味があるようです。
ワンちゃん達は革製品の匂いが大好き。
イタズラさせては困る物は、近くに置かないようにしないと
直ぐに歯型が!
生後43日を迎えた姉妹です。
photo by ooyablog2 - -

秋にとまれ


まだまだ、残暑厳しい日が続いていますが、散歩の途中で寄った寺院の
庭園には萩の花が満開。
蜜蜂も秋を感じているのでしょうか、体を丸めてしがみついていました。


あぜ道には、白い花?名前が・・・分かりません。
羽を休めているのか、私を警戒しているのか、じっとしたまま動かない
ベニシジミ蝶。


アカトンボの姿を見ると、やはり秋。
こんな所に止まって、何をしているのでしょうか。


カメラを近くにしても意外と動かないのがトンボ。
ただ、細長いこの形、ピントを何処に合わせたらよいのかな。
photo by ooyablog2 - -

元気な子犬




前回の写真から、約1週間後の子犬達。
のんびり屋さんの姉ちゃんは、相変わらず妹のオモチャ?
目がつり上がって、すごいお顔。




あまりのしつこさに・・・逃げるが勝ち、でしょうかね。
photo by ooyablog2 - -

我が家の子犬


8月5日に誕生した「ちわわ荘」の子犬2匹。


生まれた時からムチムチでカエル体型だった姉ちゃん。
ちょっと肥満児かしら。


おしゃまな妹。
小さくて、スリムなので、動きも活発。
こちらのブログでは、愛らしい姉妹の初写真です。
photo by ooyablog2 - -

ヒョウモン蝶


処暑とは名ばかり、今朝から気温がどんどんと上昇の青梅市。
そんな中でも蝶は元気ですね。
じっとしたまま動かないツマグロヒョウモンのオス。


フェンスに絡みついた烏瓜の葉に止まったままで、
カメラを向けても飛び去る様子もなし。
ならばと、私が立ち居地を変えてみました。


こちらはメス、青黒っぽい模様が結構派手で、オスよりもオスらしく見えるのですが、如何でしょう。

photo by ooyablog2 - -

残暑


立秋をすぎても、まだまだ続きそうな猛暑。
今年の暑さは、特に厳しく、朝起きて窓を開けては
また、今日もか・・・と、うんざり。
満開のコスモスが涼しい風に揺れる姿が待ち遠しいです。
皆様もどうぞ体調を崩さぬよう、ご自愛ください。
photo by ooyablog2 - -

林にて


曇り空の日は、いっそう薄暗い雑木林の中。
小道には、散り始めたクズの花が散らばり、赤紫色が綺麗でした。
この時期、そんな色でしか飾られない林。
目玉オヤジのような蝶も地味ですが、何となくこの場所が
似合っていました。
峨のような色をしていますが、ヒメジャノメは蝶なんですね。
photo by ooyablog2 - -

苦瓜


朝から強い日差しが照りつける中、苦瓜の花が涼しげに咲いています。
野菜の花は、何となくシンプル。
花を落とした後には、実りの大仕事が待っていますもね。
そうそう豪華に花開いてはいられないのかな。
そんなことを思いながらの撮影でした。


ツルを元気に伸ばしながら、我が家に侵入中。
勿論、ウエルカムです。


素朴な花に、地味で小さなシジミ蝶。
似合っていますね。

庭の雑草を見て見ないふり。
伸び放題になる前に、何とかしなくてはと思いつつ、蚊の攻撃の激しさに
逃げ帰った私です。

photo by ooyablog2 - -

つぼみ


カラスウリ雄花のつぼみです。
今まで見た中では一番の大きさ、500円硬貨ぐらい。


今夜は、美しく花びらのレースを広げていると思います。
この大きさだと、かなり豪華な大輪でしょう。
近い場所なのですが、夜は行かれないです! 残念。


横には、キバナコスモスが沢山咲いていますが、夕方は風が強くて
上手に写真が撮れませんでした。
我が家の玄関脇に毎年咲くコスモスは、ここから種を
だまって頂いてきた子孫です。


家の前でずっと待っていたのか、大あくび。
猫缶、ちゃんと買って来ましたよ。
photo by ooyablog2 - -

暑中お見舞い


猛暑が続き、皆様は如何お過ごしでしょうか。
我が家のスミレちゃんも初めての夏。
涼しそうな貝殻を横に写真撮影をしてみました。


ヘッドドレスもお洒落に・・・
貝殻は、ガジガジやり始めたので撤去。
私の大切なコレクションなのでね。


早く、涼しくならないかな〜
photo by ooyablog2 - -

三つ編み


私が作ったズラです!


毎日が猛暑で、外へ出かける気にもならず、
遊んでくれるのは、スミレちゃんだけですね。


私が作る、何がしって、どうしていつも適当なのでしょう。
作るの早いですが、裏はゴチャゴチャ・・・そんな気がします。
photo by ooyablog2 - -

初めてのスイカ


春に生れたスミレちゃん、スイカの季節は初めてですね。


いったい、これは・・・何だろう。
甘い匂いがするけれど・・・


恐る恐る・・・ガブリッ。
「そこは、甘くないでしょ」
せっかくのスイカなのに、ドッグフードの方が100倍美味しい〜って
思った? スミレちゃんでした。
photo by ooyablog2 - -

2010ダリア








今年も開花を楽しみにしていたダリア。
途中から小雨が落ちてきましたが、それも心地良く、
カメラを向けていました。
少し歩けば、大ぶりの花も楽しめるのですが、止みそうもない雨。
今日は諦めて、家に戻りました。
雨さえ降らなければ、涼しくて花めぐりには最適な一日なのに残念。
チャンスがあればまた、出かけてみたいです。
photo by ooyablog2 - -

ねむくて、ねむくて


ウトウト、コックリ〜始りそうになると、姿勢を正すスミレちゃん。
授業中でもないに・・・何故、そこまで頑張るのかは不明です。


1分もしない内に、だんだんとデレ〜ってなってきて。


も〜おめめが・・・くっつきそうです。


そして、ついに沈没。
可愛い子犬の様子は、私の眠気まで誘ってくれました。
「夕方寝しよっと・・・」
photo by ooyablog2 - -

ぼうし


寝ている時以外は、ず〜っと動き回っている、元気なスミレちゃん。
始めての帽子を被せられ、最初は泣いて?いましたが・・・






こんなに愛らしくモデルさんが出来ました。
彼女の思わぬ一面を発見し、素敵なドレスでも買ってみようか・・・
似合う、似合わないを考えず、一瞬、思ってみた私です。
photo by ooyablog2 - -


時折、小雨のぱらつく一日でしたが、近くを歩いて来ました。
この時期は、遠くの緑も大変美しいです。






雨に濡れた紫陽花は、生きいきとしていました。
photo by ooyablog2 - -

艶やか








鮮やかな色と妖艶なシベに、見惚れてしまいます。
似ているけれど、それぞれ違う種類の花なのかな。
photo by ooyablog2 - -

水遊び


湿気が多くて、無風状態。
カメラを向けながら、水しぶきが心地良さそうな一日でした。


始めての夏を迎えた子犬達。
どこで水遊びを覚えたのでしょう〜


一昨日、綺麗にシャンプーしたばかりなのに・・・


こうなったら、誰も止められません(笑)


お水がヒャッコイ。

「さ〜体を拭いて、お昼寝しましょう」
photo by ooyablog2 - -

これは・・・






始めて、見る花です。
硬貨ほどの大きさなのですが、花びらの色がとても綺麗でした。
野菜の花かと思ったのですが、違うみたい・・・
不思議な形の花って、たくさんあるのですね。
photo by ooyablog2 - -

猫の親子






いつも殆どいっしょに過ごす母と娘。
似てない!親子です。
2階の窓から眺める猫〜くつろいでみたり、
虫でも追いかけるような姿だったり。
ずっと見てても飽きません。
それどころか、カメラを持って出向いてしまう・・・猫好きです。
photo by ooyablog2 - -

バトル




「あたしって、可愛いぃ!?」でしょ。


こんなバトルも成長期の良い勉強。
原因は、洋服から始りました。
「これ! なんだ!?」
 「ちょっと〜ひっぱらないで!」
元気な兄と妹、一日の始まりです。
photo by ooyablog2 - -

プーサンと子犬


「プーサンの足って、大きいんだね」


子犬達が大好きな、プーサンの縫いぐるみ。
倒され、齧られ、引っ張りまわされ・・・それでも
蜂蜜の壷を抱えて笑顔です。
後どのくらい・・・誕生して成長して遊び始める子犬達の
相手をしてくれるのかしら。
裁縫の苦手な私ですから・・・お怪我の無いようにねがいます。
photo by ooyablog2 - -

2010庭石菖


こぼれ種で増え、咲き始めたニワセキショウ。




細くて長い茎の上に、ぽつりと咲く花は、少しの風でもゆらゆら〜




今朝は雨に濡れて、花は閉じていました。
まん丸な種も可愛いです。
photo by ooyablog2 - -

バラの季節ですね


ご近所さんのお庭に咲いていたバラ。
とっても目立ちました〜毎年、色々なバラを撮影させて頂いています。
今年もお伺いしたいな。




蕾も愛らしいですね。


そして、ミツバチも忙しい季節。


これは、バッタの赤ちゃん?
photo by ooyablog2 - -

シャガの花








雑木林の中の群生、シャガの花を観てきました。
今日は天気が悪く、風も強く、踏み入るのに少々のためらいが・・・
時折、頭上に聞こえるカラスの羽音までもが怖いです。
でも、空気は澄み、湧き水の流れは清らかで、不思議な世界。
季節になるたびに二度、三度。
いつしか、来年も来てみたい・・・そんな場所になりました。
photo by ooyablog2 - -

仲良しさん


3月19日生まれの長男君。
ちょっと長男のイメージではないのですが・・・(笑)


アゴヒゲが立派。
私も先日、気がつきました。


長男君と仲良しな三男君。
お兄ちゃんの言う事は・・・良く聞きましょうね。
愛らしい兄と弟でした。
なんたって6頭兄弟・・・「大家の日記」「子犬出産情報」にも
いっぱい居ますので是非、ご覧ください。
photo by ooyablog2 - -

踊子草




名前の通り、笠を被った小さな踊り子さん達が並んでいます。
薄いピンク色の花は可愛らしく、白は幻想的でした。


五月晴れの一日でしたが、薄暗い森のような場所。
時々見え隠れする遠くの光も綺麗でした。


てんとう虫かと、カメラを向けたら、違いましたね。
大きさは同じくらいなのですが、縦長でした!

photo by ooyablog2 - -

キラキラ


クルクルと丸まった金色のリボンに興味津々。
ちょっと驚き眼が愛らしい。
3月11日に誕生した長女のリンちゃんです。


こちらは、ドッグフードに釘付け。
次女ちゃん、お名前はご家族で、ただ今考え中だそうです。
命名が楽しみですね。
生後40日を迎えた子犬達、澄んでキラキラと輝く瞳と心は宝石箱。
沢山の宝を抱えて新居に移ってくださいな。

photo by ooyablog2 - -

19日生まれの姉妹


お背中ピ〜ンの長女ちゃん、元気が良くて男の子みたいですね。


まだやっと生後1ヶ月、実物は小さなチワワの子犬です。


こちらは、牛柄模様の妹。


女の子っぽいチワワちゃん、お顔のアップを写してみました。


photo by ooyablog2 - -

生後一ヶ月


誕生から一ヶ月を迎えた長男と次女です。


お兄ちゃん、遊ぼうよ。


最近は、歩くのがとっても速くなり、走り出しそうな勢いです。
子犬らしくなり、色々なしぐさが、益々可愛くなります。
「お座り! 待て! こっちを見て!」が出来たら良いのですがね(笑)
photo by ooyablog2 - -

ベビー


3月19日に誕生した長女と次女。
寄りかかったら・・・重たいんですけど。


今度は、交代ね。


次男と三男。
お顔〜かじっちゃうぞぉ。


そして、こちらは3月11日に誕生した長女と次男。
8日早いだけなのですが、しっかりしています。
仲良く寄り添っていますが、グルルゥと言いながらの喧嘩も
そろそろ始る時期、賑やかになりますね。
photo by ooyablog2 - -

ユキチ


昨年の7月2日に誕生したユキチ君。
生後9ヶ月は、まだまだ子供なのでしょうね。


のんびり眠そうな姿は、家猫みたいです。


隣は、母親のユキちゃん〜オランウータンと同じ名前。
動物園には、ユキちゃんが、たくさん居るのかな?


やはり、迫力あります。
多摩動物園でも人気の雪豹ですが、夏は暑くて何だか気の毒です。
photo by ooyablog2 - -

悩めるユキちゃん


あぁ〜・・・あたしは、いつもいつも、いっつも人生失敗ばかり。

自分でも、分かっているんだよね・・・

この頑固な頭が・・・どうにもならないってサッ。

でも・・・


少し静かに、良く考えてみたら。

・・・少しではなくて、いっぱい考えてたら、疲れちゃって!
なんか、お腹が空いてきた。


そうだよ! ファイト!だよね。

・・・

モリー婆ちゃんが言いました。 

だれだって、人生一度きり。
きのうの悩みは、きょうの活力、
あしたへの希望は、未来への夢に繋がりますからね。
のんびり歩こうじゃないですか。
photo by ooyablog2 - -

オシドリ


繁殖期に入ったオスの羽色の美しさに、メス鳥ではないけれど・・・
見惚れてしまいます。
特に「銀杏羽」と呼ばれる風切羽はとてもお洒落ですね。
仲良し夫婦の象徴に例えられるオシドリですが、メスの抱卵期が終わると
オスは、新しいメスとカップルになるそうで、生涯共にすると思っていたのに・・・ちょっと(笑)
photo by ooyablog2 - -

菜の花




菜の花画像は、始めてかもしれません。
こんなに美しい花だったとは、自分でも少々驚きです。


曇りで寒い日中だったので、蜂の数は少なかったけれど、一匹が目の前を
行ったり来たり。
花にピントを合わせていたのですが、いつの間にか主役はミツバチ。




殆ど無風で、楽しく撮影が出来ました。
photo by ooyablog2 - -

2010二輪草


満開にはだいぶ早い、二輪草の小道でした。


日陰の多い場所なのですが、少しだけ太陽の光がそそいでいました。


時折吹く強い風に細い茎と小さな花は、いつまでも揺れています。


毎度の事ですが、カメラのファインダーを覗きながら、息を止めてる私。
息を止めたって、風が止むわけでもないのにね。


花盛りの頃にもう一度、カメラを提げて行ってみます。
photo by ooyablog2 - -

花桃


つぼみ姿の花桃を撮影してから、開花を心待ちにしていました。


心の中で、そろそろ咲いたか、花開いたかと予想はしてみても
花桃は、我が家の窓から観えるでもなし・・
出向いてみなければ分からないのが、季節の花。
昨年は、時期を逃したような・・・


2010年、丁度良い咲き具合。
写真に名前・・・入れたくなる程のフレッシュな花桃でした。


夕方になり、雲行きも怪しく、カメラの設定もだんだんと自然色から
離れ始め、本当はもっともっとシャッターを切りたかったのですが
残念でした。
翌日に再び!と思うも春の嵐・・・そして、今日も雨。

2010年、ちょっとだけ、チャンスに恵まれた雨降り前の花桃でした。
photo by ooyablog2 - -

2010 カタクリ


自宅の近くに、カタクリの群生を見つけてから、今年で確か5度目の春です。


日常は、何かと不便さを感じることも多々ありますが、こんな自然を
毎年感じられるのは、ちょっと贅沢な気もして・・・嬉しくなります。


丈が短くて、下を向いている花の表情を覗き込みながらの撮影は
何だか筋肉痛になりそうです。


写真ブログに集めた画像を見直してみたら、昨年の撮影日は、3月24日になっていました。
一年って、あっと言う間ですね。
photo by ooyablog2 - -

猫って不思議


「!!」


「ニャ〜あたしだよ」

裏庭の草むしりをしていたら、密かに私のことを見ていた猫。

それならば、ちょっと遊んでみようと・・・

イタズラ気分で置いてみたキャットフード。


「もぉ〜こんな所に置くなんて! 取れないじゃ!」


「ならば、こうして直接食い」


努力の末に得たキャットフードは美味しかった。

殆ど毎日のように顔をあわせているのに、私のことをどう思っているのやら
全く不思議なのが近所猫。

photo by ooyablog2 - -

2010初桜




風が強くて、ピント合わせが大変でしたが、いつまでも眺めていたい
美しい桜でした。




今年始めての桜画像です。
先日の暖かい日に、一気に花開いたみたいですが、今日は寒い!
桜も驚いているのではないでしょうか。
冬の格好、厚着で出かけたのですが、私も寒かった!
photo by ooyablog2 - -

つぼみ




近所の花桃を観てきました。
毎年、美しく咲く花は、遠くからでもひときわ目を引きます。
まだまだ蕾ですが、花びらの数が多いので、ぷっくりと可愛い形をしていました。
満開の頃が楽しみです。
photo by ooyablog2 - -

いっぱい遊んだね


とっても仲良し、姉と弟。
今日は、お姉ちゃんが新しい飼い主さんの所へ引っ越して行きました。


なんでもオモチャになっちゃって・・・


その内に、オモチャの取り合いが、オモチャ忘れての大喧嘩へと発展。
こうやって、犬社会のルールを勉強して成長するのですね。
こんな写真は、私にとっても、良い思い出になります。
お姉ちゃんったら、ガウガウしながらもカメラ目線!(笑)
photo by ooyablog2 - -

クリスマスローズ


ここの写真ブログには、初登場のクリスマスローズ。
以前から興味がありましたが、ご近所さんのお庭で、沢山の花と対面。


名前は・・・ちょっと忘れてしまいました。


こちらもクリスマスローズ、紫蘇みたいでした。


白も美しい。
夕方まで遊ばせて頂きました。
photo by ooyablog2 - -

2010紅梅








今日は朝から曇り空、こんな日は写真日和とばかりに出かけて来ました。
雨や雪の悪天候、そして腰痛が重なり、とても日当たりの良い場所の為
今年は時期を逃してしまうかと思ったのですが、まだまだ美しく、遠目にも盛りを飾っているのが良く分かりました。
アップ画像もゴージャスに写りましたね。
photo by ooyablog2 - -

生後52日の子犬




「オギャ〜」と? 誕生して、まだまだ2ヶ月にも満たない子犬。
体の大きさは、やはりチワワ・・・
小さいのですが、イタズラや遊びは既に一人前。




犬用のプカプカオモチャよりも、洗濯バサミに夢中なところが傑作です。
目覚めればトイレシーツに自分で行き、フードもカリカリ。
「たった、生後52日なのに・・・ワンチャンって賢い」
photo by ooyablog2 - -

2010年の梅




少し待てば、満開になるのに・・・それを待ちきれず、せっかちに
カメラを提げ、梅の木を探してみました。
今年初の白梅です。
紅梅の愛らしさに比べ、多少地味ではありますが〜梅らしくて良いですね。
鶯なんぞが止まりもしてくれたら、それは美しい絵になるのですが、
未だ、そんなチャンスには巡り会わない私です。
photo by ooyablog2 - -

子犬の可愛さ




前回から、丁度10日目の写真です。
毛もフワフワと伸び、子犬の可愛さ倍増と言った感じ!




何をやっても愛らしいのですが、澄んだ瞳の輝きは、宝石のよう!
じっと見つめる先には・・・何があるのかな?
photo by ooyablog2 - -

チワワっ仔らしく


お互いが気になるようで、今日は、なかなかこちらを向いてくれません。
それでも、充分に可愛い子犬達です。


何を話しているのでしょう・・・
「遊ぶ?」  「遊ばない!」


いきなりバシッて・・・(笑)


その後は、寄り添い、仲よしこよしの2頭でした。
photo by ooyablog2 - -

子犬らしく


昨年、クリスマスに誕生した子犬達。


まだ、ボール遊びは出来ないけれど、チワワの赤ちゃんらしく成長中です。


お兄ちゃんも大アクビ。
アクビって、やはり移るのかしら・・・
photo by ooyablog2 - -

猫年




十二支に何故、猫年が無いのか・・・

動物達がお釈迦様に新年の挨拶に行く時、猫は一日遅れて、その日は
寝ていたそうで・・・

一番乗りは、牛の背中から、お釈迦様の前でピョンと飛び降りたねずみ。

猫が挨拶に行く日を尋ねた時も、嘘を教えたのがねずみ。

以来、猫がねずみを目の敵にして追いかけるのは、その為だそうで・・・
何とも良く出来たお話ですね。

photo by ooyablog2 - -

新年




2010年、明けましておめでとう御座います。
新しい年が、幸せな一年でありますように。

幾年生きるもの、命の大切さを思い、時には何かを感じて頂けるような
優しさのある画像も写し出せたらと・・・

私らしく、無理をしない程度の努力で!!
このブログも続けていかれたら嬉しいです。
今後もどうぞ宜しくお願い致します。
photo by ooyablog2 - -

公園


リューバ青年を連れて公園に行きました。


だ〜れも居ません・・・日陰は寒いのでコートを着てみました。


朝から晴天の東京。
太陽が眩しくて、散歩日和ですが、カメラ日和ではありません。
特に黒い毛のワンチャンは難しいですね。
少しは男らしく写ったでしょうか・・・
この場所は「ちわわ荘へようこそ」の表紙の写真を撮影した場所。
懐かしいので記念撮影をしてみました。


こちらがその画像。
リューバ少年です。
photo by ooyablog2 - -

ママニャン・仔ニャン・オジニャン


静かな日曜日の朝、遊びに来ました可愛い猫達。
ブルーの瞳が美しいママニャンは、花の側でパシャッ。


今日も仔ニャンは元気ハツラツ。
ボール遊びの後・・・もっと投げて欲しいのかな?


ママが呼んでいますよ〜
こうして見ると、もう少し大きく成長しそうです。


ボール遊びはしませんが・・・柔軟性は抜群!?
手、ギクってなってますね〜オジニャン。
photo by ooyablog2 - -

少し大人になったかな


子猫もこうして見ると、体つきがシャープになったみたいです。
今朝はご近所さんと「大きくなりましたよね」そんな会話をしました。


それでも、仕草はまだ子供なのでしょうか。
こんな狭い場所も好きなのですね、かくれんぼのつもりかな?


今日の青梅市も晴天、青空に飛行機を発見です。
大きな音はするけれど、こっちには来ないから大丈夫・・・!?


子犬とは、ボールの遊び方がちょっと違いますが、楽しそうな様子は
皆、同じなんですね「ボールさしあげますから、おもちください」笑。
photo by ooyablog2 - -

太陽がキラキラ




部屋に入り込む日差しが強すぎて、ちょっと眩しいそう。


そっとベッドを日陰に移動・・・気がついてしまったかな。




やはり、子犬〜気持ち良さそうに再び夢の中。
photo by ooyablog2 - -

真っ赤な紅葉


カメラを上に向ければ、真っ赤な紅葉。
空の青さが見えないほど、沢山の葉が繁っています。


そして、足元には時期を終えた枯葉が沢山。




少し離れた場所から眺める紅葉、とても素敵でした。

photo by ooyablog2 - -

仔猫も大きくなりました


だいぶ大きくなった仔猫。
まだ、ひとりで遊びに来る事はありませんが、少し慣れてきました。


たまに・・・植木をイタズラ。


赤い実は・・・取らないでネ。


今日はオジさんといっしょ。
やはり、迫力があります。
鼻の上には、ケンカ傷が!

photo by ooyablog2 - -

気分は紅葉狩り


お洒落をして、気分は「紅葉狩り」
松ぼっくり・・・食べられませんよ。


小さな五輪ちゃんには、この洋服は、大きすぎたようで・・・
片袖が、何だか変な様子。


・・・と、思ったら転んで!


ひっくり返って、1回転。
それでも、元気な五輪ちゃんでした。
そして、背景は可愛い紅葉模様なのに・・・全く写っていなくて、
トホホな私です。

photo by ooyablog2 - -

走るようになりました


子犬の成長は、驚く程早いです。
ついこの前までは、立ち上がるだけで大変だったのに!
走っている・・・飛んでいるだけなのですが、舌をちょっと出して、
何だか、得意そうです。






そろそろ生後4週間、動きが活発になり、子犬らしくなりますが、
そのぶん、写真撮影が・・・難しくなりそうですね。
photo by ooyablog2 - -

記念日撮影しました


今日は、新しい飼い主さんとの面会日。


おすまし顔で記念日撮影です。


可愛い写真を、たくさん思い出にと、張り切る私。
・・・最後は大あくびで終了となりました。
photo by ooyablog2 - -

生後18日目になりました






誕生からやっと18日。
まだまだ、寝ている事が多いのですが、たまには首を伸ばし
「ここはどこ?ママはどこ」
可愛い表情を見せてくれるようにもなりました。
photo by ooyablog2 - -

タイミングを逃しました


昼食が終わって、居眠りモードに入るかと思いきや、何だか不満そうに
動き回る虎。


笹の藪が良いコントラストで虎柄を引き立てています。


キメポーズ。
今回は、虎との距離が遠くて、顔のアップを撮る事が出来ませんでした。
開園から、閉園までここに居ても、飽きることは多分・・・ない私(笑)
photo by ooyablog2 - -

環境が変わりました


何処の動物園に行っても、柵や檻の囲いが無いまま、
大きな雄叫びをあげ、鳥類展示場に君臨してきた大型インコ。
先日、訪れた多摩動物園にも改革工事がほどこされ、鳥達の環境が大きく
変化しました。
自由に入れる「鳥達との触れ合い」コースの完成です。
これで、インコも・・・何を思うのでしょうか。


オウムになんて、負けませんわ。


私こそ、負けてたまるもんですか。


・・・あたしも・・・

今回は、初めての施設で、カメラ片手に少し戸惑いがありました。

大きな動きをしない。
走らない。
大声を出さない。
一方通行を守る。
鳥達を追いかけない。

皆が、この約束を守り、新しく出来た鳥の楽園を心地良い広場にしたいものですね。
次回は、動物園で働く、鳥達の名前ぐらいは覚えて、帰りたいと思います。
photo by ooyablog2 - -

水辺の鳥達


落ち葉に足を捕られないように、小幅に歩く小道の先には、
枯れ葉の間の虫をついばむ水鳥。
とっても長い首を起用に曲げるサカツラガン。
静かな午後の帰り道でした。
・・・と、なればカッコイイのですが、ここは多摩動物園。
何度も出向いているのに、こんなに人なつこい鳥が居たとは・・・
学習能力が高い鳥達は、エサを運ぶ係員と客を同じ意識でみているのかも知れませんね。


そうかと思えば、こちらは派手な衣装を着飾ったオシドリ。
低い木々や草むらに隠れて、中々姿を現そうとしません。
シャイな表情がとても愛らしい。


正面から見ても・・・ひよこみたいです。


やっと男らしい姿で出てきましたが、何となく落ち着かない様子です。
目立ちすぎる飾り羽根、時には面倒な物ですね。
恋人にだけ見てもらいたい、思いっきり派手な衣装ですもの。
・・・オシドリのメスって、派手な男が好きなんですね。

photo by ooyablog2 - -

ホトトギス


台風が去った後も元気に咲いていました。
小さな花なのに、丈夫ですね。
花びらの模様が鳥のホトトギスの胸毛に似ている為の名前だそうですが、
特徴のある花でした。


花の周りには、私の好きな毛深い蜂が、一生懸命飛び交っていました。
フカフカのチョッキが愛らしい。

photo by ooyablog2 - -

ようこそ仔猫ちゃん


母猫に連れられて、始めて玄関先にやって来ました。
「いらっしゃい〜」


こんなお顔をしていたんですね。
ママが近くに居れば、カメラも怖くはないようです。


母猫さんも遊んでいた犬用のリード・・・
はやり、紐系がお好き?


もっと赤ちゃんの時に、触れ合ってみたかったな。
随分と大きくなっていました。
雨が、ポツポツと降ってくると、母猫の後を追い、
あっさり帰って行きました。
photo by ooyablog2 - -

2009コスモス


コスモスの花が満開。
べランダに出ると、淡いピンクの色が優しく風に揺られています。




玄関の脇には、キバナコスモス。
オレンジ色と黄色を混ぜて植えました。
こちらは、元気色と言ったところでしょうか、
同じ花でも、それぞれ色によって表情が違うものですね。


大きな蝶は、少し重たそうに見えました。
photo by ooyablog2 - -

秋の林


ちょっと肌寒いと思えば、林の中も
夏から秋へと、すっかり様変わりしていました。


葉っぱがトゲトゲしていて、あまり愛想のないアザミ。
私は好きです、この花。


鳥達も喜びそうな赤い実。
そして、今年始めて激写「妖精のおじさん」です!!
小さくて、分かり難いのですが・・・
美しい羽に細くて長いフェアリーテール。
逃げないように、そっと、カメラを向けて・・・
私が勝手に呼んでいます「妖精のおじさん」
いつか、お顔の表情も撮らえられたら、嬉しいのですが、2mmはちょっと
無理かも知れませんね。
出会えただけでも幸せです。
(邪魔をしない、揺らさない、追いかけない)
出来ることならば、庭にいっぱい飼いたいです・・・Fairy's uncle
photo by ooyablog2 - -

萩の花




秋の花が次々と、見ごろを迎えています。
マメ科の小さな花、少しの風に揺られても、画像はピンボケになり、
思うように、撮影出来ませんでした。
昨日の涼しい天気に比べ、今日の日差しの強い事。
太陽が照り付ければ、肌が焼けるよう〜
秋晴れと言うより、残暑が厳しいと言った日中です。
photo by ooyablog2 - -

お掃除犬


「ちわわ荘へようこそ」
僕がお掃除犬のドルフィンです。


ホームページの「大家の日記」には、何度か登場しましたが、
掃除係りとして、こちらの「写真ブログ」には、始めて参加しました。


如何でしょうか、この技。
掃除完了後は、バテバテ〜
このホウキ、結構重たいのですが、上手に咥えて走ります。
何故、こんな事をするのか・・・わたしにも分かりませんが、
始まると、いつもカメラを向けたくなる、可愛さです。
photo by ooyablog2 - -

アメリカンショートヘアー


アメショーと呼ばれる、猫ちゃん。
今日は、飼い主さんとも話が出来て、写真も撮らせて頂けました。
モノトーンの毛色にレバー色の鼻鏡、
背景の木々にも似た緑の瞳が魅力的です。


我が家に遊びに来る猫が小ぶりなので、迫力あるどっしりとした大きさに
驚きました。
一点を見つめる眼差しは、多摩動物園の雪豹と同じ鋭さ!


しかし、目を閉じたら・・・しょぼ〜
と、言うか、目・・・どこ?
photo by ooyablog2 - -

縫いぐるみ


オランウータンの縫いぐるみに抱かれて、スヤスヤと眠る子犬。


違和感が全く無いのが不思議。


ちょっと遊び感覚で、こちらのブログにも載せてみました。
遊びつかれて熟睡した子犬って・・・縫いぐるみ以上に、それらしい。
photo by ooyablog2 - -

花と雫


自宅近く、山への入り口に咲いています。
先日、道が整備され、草木が刈られ丸坊主に・・・
満開だったこの花だけが、残されていました。


明け方まで降り続いた雨が、雫となり、美しく光っています。


周囲には、何もなくなり、一人舞台。
ちょっと、近くで撮影してみたくなりますね。


長いオシベに連なる雫が、とても似合う花でした。


photo by ooyablog2 - -

アサガオ


お友達に頂いたアサガオの種を、今年始めて蒔きました。
それはそれは、見事に成長。
我が家は「あさがお荘」と化しました。
笑っちゃう程・・・って、どんな?
・・・ん〜
アサガオジャングルです。
それでも、とびっきりなベッピンさんを見つけて撮るのは、
難しいものです。
photo by ooyablog2 - -

つぶらな瞳




キラキラと輝いて、邪気の無い、まんまるな瞳。
この世に誕生して、まだやっと2ヶ月・・・
人と違って寿命の短い、この子達。
出来る事なら、楽しいもの、幸せに感じるものだけを見つめて
素敵な犬生を過ごして欲しい。
photo by ooyablog2 - -

今日の姉妹


ちょっと驚いてみたり。


「もっと遊びたい」の催促?


「それは何?」


「ちょっと緊張します」


「わぁ〜あたらしいオモチャだ!」

子犬の表情と光・・・いくつかのシャッターチャンスが重なった時。
大きな画像をアップしてみたくなります。
実物よりも大き過ぎですが!!(笑)
photo by ooyablog2 - -

3兄弟


生後45日目の長男君。


次男君。


そして、三男君。
誕生から1ヶ月半〜あっと言う間です。
photo by ooyablog2 - -

八月




8月も4日が過ぎ、何だかとても早い。
「暑中お見舞い申し上げます」




林の中に、涼しい風が吹き抜けると、秋を感じますが、
これからの残暑が厳しくなるのかな・・・
ほどほどに・・・と願います。
photo by ooyablog2 - -

大賀蓮


今年も、蓮の花を撮影してきました。
昼過ぎから出かけ、空は、どんよりと曇り、今にも雨が降りそうな一日。
花は美しく開いていましたが、何となく雰囲気が昨年と違います。
真っ直ぐ天に伸びる花には、やはり青空との写真も欲しかったです。


白い蓮の蕾は、フレッシュで・・・なんだか美味しそうに見えました。




こちらでは、雨が降ったのか、花びらが濡れ、光っています。
昨年とは、全く違ったイメージの写真ですが、
言われないと分からない、こんな蓮の花も、
ちょっと面白く、載せてみました。
photo by ooyablog2 - -

今日の仲良しは


今日の仲良し画像、次女ちゃんといっしょは。
三男君、キョトンとした目がチャームポイントですね。


お兄ちゃんに、おんぶです。


並んで可愛くポーズ。


そして、次女ちゃんのアップ!
photo by ooyablog2 - -

仲良しです






生後30日目の撮影。
本日のモデルさんは、しっかり者の長男君と、一番小さな次女ちゃん。
これからが、子犬らしく可愛く成長。
楽しみです。
photo by ooyablog2 - -

可愛い花、ペンタス






我が家の鉢植え、ペンタス。
花オンチ、花育てが苦手な私の為に、ご近所さんが丈夫な種類の花を
選んで買って来て下さいます。

そのお陰で、いつも可愛い花が少しですが並んでいます。
「ペンタス」なんて堂々と題名に書きましたが、実は名前が分からなくて
ネットで調べたんです。

〜〜〜あった!みたいにね、見つけた時は嬉しいですよ。

散歩をしていても、お庭の寄せ植えの中に咲いていたりと、
良く見かけます。

白や赤や、色も豊富なのですね。
その都度、横目で見ながら「家のと同じ花だ」と心の中で叫ぶ私です。
photo by ooyablog2 - -

ユリのメシベが鮮やか


山百合の写真を撮りに行きました。
昨夜の雨で、花も元気が無くて、ちょっと残念。
それでも甘く、良い香りをいっぱいに感じてきました。


昨年も、同じ感想かも知れませんが・・・
可愛いです!ユリのメシベが大好きです。


辺りが暗く、大きな木々に囲まれ、うつむいたユリが多かったです。


明日には開くでしょうか、大きく立派な蕾でした。


花がうつむいて居たら・・・
私が背を低くして、遠慮なく、覗き込めば良いのです。
蚊に刺されながらも、楽しい一時を過ごして来ました。
photo by ooyablog2 - -

モデルは子犬








目が開いたばかりで、子犬と言うより、赤ちゃんと呼んだ方が
まだまだ、ぴったりなようです。
それでも動きは活発になり、カメラ目線は難しい!
カメラどころか、私の事も認識していないのですものね。
本日のモデルさんは、次女ちゃんでした。
photo by ooyablog2 - -

子犬の寝顔




兄弟の枕は、気持ちが良さそうです。
早い者勝ち!


三男君〜これは少々重たいか・・・
この後、モソモソと逃げ出しました。
photo by ooyablog2 - -

ダリア


先日、どんな色の花が咲くのか分からないんです〜と、ご近所さんが・・・
その時は、本当にまだまだ黄緑色の小さな蕾。
それが、いっきに開花していました。
こんなに素敵な大輪のダリアだったとは。
オレンジは私の大好きな色です!!
・・・わたしのダリアじゃなかったですね。
でも、写真に撮れて嬉しいです。


公園の隅に咲いていたクチナシ。
よく通る道なのに、今まで、気がつきませんでした・・・こんな所に咲いていたとは。
毎年、くちなしの花は、「大家の日記」には載せていましたが、
こちらの「写真ブログ」には、なぜか無し。
初の画像です。
photo by ooyablog2 - -

アガパンサス


昨年の夏に頂いたアガパンサスの蕾が開き始めました。


雨上がりの撮影でしたが、花全体がガラス細工の様でとても綺麗。


しずくも美しく輝いています。


淡い青紫色の花びらが、皆濡れてしまいましたが、露の時期に咲く花は
仕方がありませんね。
鉢植えだったら、軒下に移動させられるのですが・・・
次々と開く蕾を楽しみにしています。
photo by ooyablog2 - -

ドクダミ


空き地や雑木林、いたる所に群生しています。
お世辞にも「わぁ〜美しい花」とは言えませんが、
この時期は、ドクダミ撮り放題〜カメラを向けてみました。


こちらの露草も、よく見かけます。


私の好きな、毛深い蜂も撮り放題だったのですが、あまりにも動きが激しすぎて、まともな画像は1枚だけでした。
花がラベンダーだったので、蜂が動く度に、揺ら揺らしたり弾んだり、
まるで、トランポリン。
前回の、全く動かない、てんとう虫・・・すごく良いモデルさんでした!
photo by ooyablog2 - -

露草の蜂




ミツバチも雨期は大変なのでしょうね。
雨上がりには、沢山の蜂が一度に集まってきます。


忙しなく飛び回るミツバチの近くで、のんびり休憩中でしょうか、
ちょっと大きめなカメノコてんとう虫。
警戒心ゼロ〜こんな様子を見ていると、飛べるという事を忘れそうです。
photo by ooyablog2 - -

ガビ鳥


最近、良く見かけるようになったガビ鳥。
そのぶん、シャッターチャンスも増えれば嬉しいのですが、相手には羽!
なかなか、難しいです。


シャッター音に気がついてしまいました。


クルっと向きを変えたと思ったら、瞬時に飛び立って行きました。
1度で良いから、30秒落ち着いて、止まっていて欲しいです。
photo by ooyablog2 - -

生きいき




ここの所の蒸し暑さに、「だるい・・・動きたくなぁ〜い」
そんな言葉を連発して、ダラダラ、ゴロゴロしてる私なのに・・・
撮った写真は、こんなに、生きいきしてました。(笑)
photo by ooyablog2 - -

コマルハナバチ


なかなか、見ることが出来なかった、コマルハナバチの雄。


とっても毛深くて、色も美しい。


後ろのオレンジ色がワンポイントで愛らしいですね。


こちらは、良く見かける、セイヨウミツバチでしょうか。
まだ、硬い蕾の中にどうしても入りたいらしく、
この後の奮闘ぶりが傑作で、カメラを置いて、見入ってしまいました。
身体半分潜り込み、諦めた様子・・・
photo by ooyablog2 - -

常盤露草


春に群生していた、二輪草の後に咲いた露草。
場所を同じくして、同じ可憐な白い花の広がる様子は、
何とも不思議な世界です。






二輪草を見ていた気持ちと、なんら変わりなく、
カメラのファインダーを夢中になって覗いていました。
しかし、季節は確実に変化・・・
「痒い!痒い!長袖を着ていたのに、手首も刺された!」
あぁ〜二輪草の季節とのあきらかな違いを「肌で?」感じた夕暮れです。
photo by ooyablog2 - -

雨上がりに


まだ、いつ雨が落ちてきても、おかしくないような空模様。
小さなバラの間を、ヒラタアブだけが元気に飛び回っていました。
私は、買い物に出ようか、どうしようかと、カメラを提げて思案中(笑)


そんな中、「最近、来ないんですよ〜猫ちゃん」などと、立ち話。
家にもどり、玄関の前を見たら・・・居た・・・
1週間ぶりかしら〜ご近所さんとの立ち話が聞こえましたか?(笑)
photo by ooyablog2 - -

林の中は緑が鮮やか


とても美しい緑の中に、小さなヒラタアブが目を引きました。


民家の周囲にも普通にいるようですが、見た事がありません。
気にもせず、見過ごしているのかな。
羽を小刻みに動かし、空中に停止したような姿も可愛いです。
次回はアブのホバーリング撮影にも挑戦したい!


ながばもみじ苺も収穫の時期を迎えていました・・・が
もぎ取られた跡ばかり。
私の様に、楽しみに待っていらっしゃる方もおられるのですね。
熟した実は、甘酸っぱく美味しいと思います。
photo by ooyablog2 - -

小さなバラ




今日は、小さなバラをアップで写してみました。
前回の大きなバラと色は似ていますが、全く種類が違います。
背丈も50cm程度で、バラに詳しい方は、お分かりと思いますが
とても上品で可憐なイメージでした。


実際の蕾は小さく、(バタークリーム)デコレーションケーキの
飾りの様な感じ。
何故、このような中途半端なトリミングになってしまったかと・・・
実は、蕾の向かって左下にアブラムシが写っていたのです。
マクロ撮影の為、その姿は大変にリアル。
虫は虫で、それなりに自然でよいのですが、この画像には写り込んで欲しくなくて、こんな具合になりました。
右上に名前を入れて、バランスをごまかしたのですが・・・
(わたくしの名前で、何とも味気ない)
それも、K・KAZUMI。
K・KOBAYASHIよりは、ましかと・・・
(バラの名前をササっと入れられたら、格好良かったのですが)
photo by ooyablog2 - -

今年初のバラ画像


毎年、ご近所さんの庭に咲く、バラを楽しみにしています。
今年、始めての撮影。
やはり、美しくて優雅。


咲き始めの頃の蕾の姿も素敵です。


ちょっと角度を変えて、斜め下から?
本当に、素晴らしいモデルさんでした。
photo by ooyablog2 - -

山のシャガ


このような山の中に群生する、シャガを観てきました。
ちょっと分かりにくいのですが、手前に広がるのがシャガ。
横には山からの綺麗な水が、チョロチョロと流れています。


庭先などでも見かける花ですが、こんな自然の中に育つシャガは
独特な雰囲気がありました。








シャガの葉に止まる虫までもが、幻想的?でした。
photo by ooyablog2 - -

おだまき








とっても面白い形をした花。
殆どが、下を向いて、覗き込んでの撮影は難しい〜


こちらは、赤紫。
色も、形も豊富で、育ててみたくなりました。
今年は、もう遅いのかな〜。
photo by ooyablog2 - -

2009山吹








緑に映える山吹の花。
そろそろ、盛りを終えようとしていました。
八重咲きも可愛いのですが、特に花火のようなシベが好きな私には、
一重咲きでしょうか、カメラを向ける時間が、長かった気がします。
photo by ooyablog2 - -

踊子草


花の形が笠をかぶった踊り子に似ている、そんなところから、この名前がついたそうです。


身長2cmにも満たない、小さな踊り子が並んでいます。
頭には笠をかぶり、着物の袖を振りながら、本当に踊っているようですね。


こちらは、白い花。
踊り子と言うより、白無垢に綿帽子の花嫁さんに見えませんか?
photo by ooyablog2 - -

スミレ


今日、なんとなく思いました。
今まで、写真ブログにスミレを主役にした画像が無い。
春には身近な花なのに、撮影はしているはずなのに・・・
そう思って、出かけて・・・分かりました。
写真写りが悪いんです!


普通に撮ると、普通にスミレ。
それはそれで良いのですが、写真でみるより実際に見たほうが数倍可愛い。
そんなこんなで、ちょっと遊んでみました。






小さなスミレを下から覗く事って、無いのですが、
土手の上に咲いていました。
薄い花びらが、キラキラと光り、ちょっと派手好きな別の花のようでした。
photo by ooyablog2 - -

2009さくら


種類が多く、名前が分からないのですが、一番好きな桜です。


赤銅色の葉に、淡い薄紅色の花びらが愛らしいです。


河川敷での撮影。
木々の根元にも緑の草が、元気に芽生えていました。


青く澄んだ川、緑の若葉、まだ枯葉の多い草むら、
背景にも様々な様子が写り込み、桜を引き立ててくれました。
photo by ooyablog2 - -

キンケイ


キジの一種の金鶏。
輝く羽の美しさと、生きいきした表情を持ち帰りたくて、
今回が、3度目の挑戦でした。
止まり木に、くつろいだ様子で身動きもせず、それがシャッターチャンス。
しかし、逆に長い尾羽や背中の羽色を見る事は出来ませんでした。
それでも、大満足!
鳥小屋の網目は細かくて、折り抜け撮影は大変なのですが、成功しました。
手前に金網。
「分からないよ!」と思って頂けたら嬉しいです。
photo by ooyablog2 - -

2009 ゆすら梅






お隣さん家の愛らしい「ゆすら梅」
昨年、畑の方から庭に引越しして来たそうで、今年も少し花を咲かせていました。
昨年よりも蕾の数が少ないような・・・
これからなのでしょうか。
小さな花ですが、梅と言うよりも桜っぽいですね。
photo by ooyablog2 - -

2009 二輪草


やっと咲き始めた二輪草。




気温が低く、その殆どが花びらを閉じていました。


飾らぬ美しさ、そんな言葉がぴったりな花ですね。
photo by ooyablog2 - -

カタクリが満開です








今年も、満開のカタクリを見る事が出来ました。
先日訪れた時は、ちょっぴり花達も不安そうでしたが、今日は
横にも、後ろにも、仲間が沢山。
美しい花びらを重ね合うように咲いていました。

妖艶に、素朴に、愛らしく、そして艶やかに・・・

それぞれの表情を、逃さないよう、カメラを向けながら
楽しい一時を過ごしてきました。
photo by ooyablog2 - -

2009雪柳






雨は上がったものの、相変わらず激しい風が吹き荒れる青梅です。
19日にカタクリの写真を撮りに行く途中で写した雪柳。
その後のカタクリの様子も気になりますが、連日の風では、とても
撮影は無理。
気分も遠のいてしまいます。

雪柳を前に、この日も結構風が強く吹いていました。
微風でもそよぐ細い枝、レンズを覗きながら、頑張ったのですが
少々無理がありますね。
毎日風に邪魔され、疲れて、諦める、私です(笑)
photo by ooyablog2 - -

2009初カタクリ


まだ、少々早いかなと思いながら、出かけてみました。
やはり、ポツリポツリ咲き。
満開の頃には、背景にも花が沢山写り込むのでしょうが、
なんか・・・寂しいですね(笑)


2009年の初カタクリ写真なので、載せてみました。
photo by ooyablog2 - -

林の中にも


春めいてきた林の中ですが、花の時期には少し早いようですね。
スミレなんぞがひらいてくれると、心もウキウキなのですが・・・

スズランよりも、もっと小さな花が鈴なりに、房の様にと言うのでしょうか
かんざしみたいで愛らしい。
足場が悪い暗がりでしたが、花にだけ陽が当たり、まるで明かりを灯した
ランプのように光っていました。
photo by ooyablog2 - -

春色


少し風の強い日中でしたが、近くを散歩。
鮮やかな緑と、日当たりの良い場所には大根花が咲き始め、
春色を沢山感じて来ました。


蜜蜂も忙しい季節の到来を感じているようですね。
photo by ooyablog2 - -

金柑とヒヨドリ


金柑は皮が柔らかくて、ついばむには丁度良いのでしょうか、
写真ブログにも度々登場のヒヨドリ。
キャベツの新芽は食べるし、花芽は食べるし、声はうるさいし・・・と
結構嫌われ者?


こちらを見ていますね。
この時は、手前にある小枝にピントが合ってしまい、何度もやり直し、
シャッターチャンスと言うくらいですから、そうそうは巡って来ませんね。
だからこそ、楽しいのでしょうか、そんな気がします。
photo by ooyablog2 - -

我輩は猫である


「夏目漱石」 私は猫を見ると、いつもこの小説を思い出します。

我輩は猫である。
名前はまだない。
どこで生れたか、とんと見当がつかぬ。

縁の下で生れた、この猫も、確かに「名前はない」

雄と確認して以来、私は兄ちゃん・・・と呼んでいますが、
食事をもらう各家では、きっと色々な名前で呼ばれているのでしょうね。
photo by ooyablog2 - -

もうすぐ引越し




今日で生後2ヶ月。
一足先に引越しの長女ティアラちゃんと、長男の介清君です。
今回も、こんなに愛らしい表情が撮れて・・・
ブリーダーならではの楽しみと喜びですね。
将来の姿を、思い浮かべながらの撮影でした。
photo by ooyablog2 - -

梅に蜂


暖かい日中でした。
梅の花にカメラを向けていると、蜂が・・・
普通ならば、邪魔されちゃった。
と、なるのでしょうが、偶然の面白い写真となりました。
photo by ooyablog2 - -

白梅








先日撮影した紅梅より、数日後に咲き始めた白梅。
まだ半分程度の開花でしたが、待ちきれずに出向いてきました。
紅梅の艶やかさには、敵いませんが、落ち着いた雰囲気はよいものです。
風が強く、なかなか上手にとらえる事が出来ませんでしたが、それも次回の
楽しみと、しておきます。
photo by ooyablog2 - -

紅梅NO2








先日の撮影から一週間。
同じ場所に行ってみました。
前回は、まだまだ花の数も少なく、彩りも寂しげでしたが
今日は花も重なり合うように咲き、美しくて、いつまでも足を止めて
いたい気分でした。
数本ある紅梅の木ですが、日当たりの良い1本だけが目立っていました。
まだまだ楽しみは、先に沢山ありそうですね。

今回は、梅の花を大きく、一部分を切り取ってみました。
艶やかな春を感じて頂ければ嬉しいです。

photo by ooyablog2 - -

2009紅梅




寒いと思いながらも外へ出れば、春の彩りが少しづつ。
まだまだ蕾が多い、紅梅でしたが、開いた花を探してカメラをむけてみました。
満開を楽しみに又、出向いてみようと思います。
photo by ooyablog2 - -

青い瞳


ここの所寒い朝が続き、玄関脇の柔らかい土の表面には
うっすらと霜柱。
猫が、ご飯欲しさにやってくる頃には、解けた霜で土もゆるみます。
ドアーの前のタイルには、沢山の肉球足跡。

デッキブラシで洗った後などは「お願いだから、乾くまで来ないで」と
思ってしまいます。
ご近所さんの話によると、毎朝5時にはネコ缶を完食しているそうで
私の家に来るのは、人恋しさもあるらしいとの事。
(確かに、我が家のドライフードは残ってる時が多い)

そんなことを言われてしまったら・・・ね。
「寒いから、風邪ひかないように、ご飯を召し上がれ」と応援したくなりますが・・・単に何かもっと美味しい物、ちょうだいと言ってるだけなようにも思える、今日この頃です。
photo by ooyablog2 - -

ヒヨドリ


毎日、けたたましい声で飛びまわるヒヨドリ。
我が家の周辺で多く見られる野鳥のNO2と言ったところでしょう。
そのわりには、チャンスが少なく、こんな角度でとらえたのは、
始めてかも知れません。


シャッター音に、気が付き、「あっ」と言う間にバタバタと、
去って行きました。
野鳥界の暴れん坊は、意外と警戒心が強くて、臆病なのかも知れませんね。

それにしても地味な色。
冬枯れた背景には・・・しっくりきません。
と、勝手な事を言う私でした。
photo by ooyablog2 - -

気分はお姫様?




お姉ちゃんは、カゴに入って・・・ごきげんですね。
可愛い写真が撮れました。
photo by ooyablog2 - -

姉妹・・・あこがれ


いつも、ブラックタンな、お姉ちゃんに引っ付き虫な妹。


お姉ちゃんは、憧れの的・・・これってアクビ!?


大きなオクチって、すごいなぁ〜何でも真似をしてみたくなりますね。


「がぁっ!!」
こんな感じでしょうかね〜なかなかお上手。

と、思ったら・・・


「あなた達〜アクビっつぅ〜のはね〜牙をね!」

さすが、アウトドアー派のネコちゃん。
頼もしい・・・

「ネコ先輩、せっかくですが、赤ちゃん達、まだ歯が生えてませんの」


子犬達が誕生しますと、「出産情報」「大家の日記」そして「写真ブロブ」
少しの間、テーマが重なってしまいますが、お付合い頂ければ、嬉しく思います。
photo by ooyablog2 - -

仲良し兄弟


何を見ているのかしら・・・


写真では大きく見えますが、チッチャな赤ちゃん。


まだ上手に歩く事も、お座りも出来ませんが、まるでモデル犬さんのように並んでくれました。
愛らしいブラックタン&ホワイトの兄、レッドセーブル&ホワイトの弟です。
photo by ooyablog2 - -

生後19日目の子犬


窓の外には、どんな世界がひろがっているのかな。


12月17日に誕生して、クリスマスを過ごし
新年を迎え、随分としっかりしてきた赤ちゃん達。
どんな夢をみているのでしょうね。
photo by ooyablog2 - -

新年2009





昨年中は、写真ブログに多くの方々が訪れて下さり、大変嬉しく
感謝しております。

有難うございました。

2009年も、私らしいと言って頂けるような写真をたくさん
お披露目出来るよう、努力していきますので
どうぞよろしくお願いいたします。
photo by ooyablog2 - -

新生児でも


この画像は、生後5日目の赤ちゃんです。
勿論、まだ目も開いていなくって、寝ていても起きていても同じ顔。
何だか鳥の雛みたいだな、と思う事もありますが、良く見れば・・・
とっても穏やかな寝顔。
新生児でも、色々な表情をするのですね。

ポカポカと暖かいペットヒーターの上で、牛柄模様の枕は心地良い妹です。
photo by ooyablog2 - -

ゴージャスにクリスマス


わぁ〜


おぉ〜
今夜はクリスマスイブ。
赤ちゃんも楽し・・・そう?

楽しいです。
photo by ooyablog2 - -

クリスマスカード




もう直ぐクリスマス〜
夜には、ご近所の庭の飾りが綺麗です。
私は、お友達から頂いたドライフラワーを撮影し、カードにしてみました。
今年はリースを作らなかった・・・
昨年ハマリすぎて、ちょっぴり熱が冷めたようです。

皆さん、素敵なクリスマスを・・・♪
photo by ooyablog2 - -

ペットのdaisuke

daisuke
「ちわわ荘」のペット犬、ダイスケ。
写真では大きく見えて、だいちゃんも立派な男の子に写りました。
男の「子」と言っても7歳なので、中年のジェントルマンでしょうかね。
未だに「だいちゃん、ご飯を沢山食べないと、大きくなれないんだよ」と
語りかけている飼い主です。
photo by ooyablog2 - -

木登り猫


低い庭木のてっぺんに登って、なんだか得意そう。
逆光で、シルエットのような画像になってしまいました。


途中まで降りて来た所で、カメラの向け放題。
細い枝に四肢を掛けて、真剣ですから・・・


あちらからパシャ、こちらからパシャ。
調子にのりすぎて・・・怒られてしまいました。
実は、この時とばかりに指でツンツンと!
始めて触れたんです。
・・・さわっちゃったもんね〜だ。
photo by ooyablog2 - -

夕焼け


夏の終わり、赤いトンボが飛び交う夕焼け空とは違い、冬の茜色は寂しげに写りますね。
日が短く、夕方の一仕事を済ます頃には、薄暗い景色に代わってしまい、なかなか思うような空が見られなかったのですが、今日は犬達の遊び場を洗い流しながら、狙ってみました。
デッキブラシとカメラを交互に持ち、頑張ったのですが・・・
殆どがピンボケ・・・と言いましょうか、手が震えていました。
写した画像を確認して、コマ消去してる間に益々暗くなってきて、ちょっと残念作ですので、多少遠目でご覧下さいませ〜。
師走の冬茜です。
photo by ooyablog2 - -

林の中の紅葉


雑木林の中にもモミジがあります。
其の年によって、色のつき具合が様々で、今年は暖かい日が多かった為か
美しく染まった葉が、あまり見られませんでした。


道の脇に植えられたイロハモミジ。
赤く色づくことが、特に「得意」な種類だそうですが、得意技を披露する前に枯れてしまう葉が目立ち、少し残念でした。


こちらは、山道のモミジ。
背が低く、こじんまりとしていましたが、葉っぱは器量よし。
近くの山を見渡しても、赤い色が少し足りない気がする、今年の紅葉です。
photo by ooyablog2 - -

猫好きな犬ブリーダー


ちゃっかり玄関に上がりこんでいます。
カメラを持った私が、開け放したドアーの外に・・・
「場所、逆だと思うんですがね」


この子は小さい時、とても可愛いとは言えない(生意気な)面差しでした。
それが今では、歌舞伎でも舞いそうな(これが猫なりぃ)に成長。


この子は洋風で、ペットショップのウインドーにでも居そうな容姿と体型をしていたのですが、大人になって変わってきました。
目と目の間が狭くて、目がマンマル〜(たまに、より目)
でも、性格が穏やかで自慢?のシッポは長くてフッサフサ。
兄弟でも全く違うのも、猫の不思議ですね。
photo by ooyablog2 - -

皇帝ダリア


その名の通り、ダリアの王様。
青空に美しく咲いています。


高さは4m近くあるのでしょうか、その様子は見事。
雲の流れに揺れる花・・・いつまでも眺めていたい思いでした。
photo by ooyablog2 - -

紅葉


御岳渓谷の水の美しさ、木々の紅葉に青空。
空気までも爽やかに感じられました。


美術館の庭には枯山水。
自然と心が静まります。




眩しい程の太陽があたり、紅色に染まった枝は、いつもにも増し、艶やかに秋を演じているように見えました。
photo by ooyablog2 - -

地域猫


すっかり大きくなって、母猫と変わらない体つきになりました。
野良ではなく、今では地域猫。
今朝もお隣さんと、その先のお家でご飯をもらったそうで・・・
それなのに、我が家で三食目でしょうか?
この写真を見ると、可愛らしく「ミァ〜」と言ってる様に写っていますが
「シャッ〜!」と私に威嚇をし終わった瞬間の画像です。


手渡しで物を食べるどころか、手を大きく動かしただけで、逃げます。
それなのに、玄関の中まで入って来て、植木に興味があるようですね。
抱っこは絶対に無理だと思うのですが、背中ぐらいは撫でてみたいものです。
photo by ooyablog2 - -

赤い実


散歩に出ると、木々には赤い実が沢山実っていました。


背の高い木ですが、坂の下から伸びている為、私は上から良い眺め
こんな角度で写する事が出来ました。


鳥に食べてもらえるように、目立つ色の実をつける木が多いのだそうです。
暖かい日が続く日中ですが、赤い実にふわっと積もる雪帽子も、きっと愛らしいだろうな・・・そんな様子を思い浮かべながらの撮影でした。
photo by ooyablog2 - -

クンクン




ちわわ荘の狭い庭にも、秋らしい菊の花が沢山咲きました。
いたずら好きで、食いしん坊の子供達は、興味津々です。


これって、たべられるのかな〜クンクン。


もうちょっとで、食べられそう! 葉っぱをパクッ!
あらら、届いてしまいそう。「食べたらダメですよ〜」
住犬さん達といっしょに、秋空の下で楽しい一時を過ごしました。
photo by ooyablog2 - -

2008菊


今年も菊が咲き始めました。
畑の隅に植えられた花の朱色が鮮やかで、側によってみると、どの花にも
先客の虫が賑やかです。
動くことも無く、蜜を吸っているのでしょうか。
ちょっと移動して欲しいと、思いながらもピントを合わせ、いつの間にか
被写体になっていました。


ヒラタアブ。
羽が細長く少し大きめですが、蜂に良く似ています。
こちらも忙しそうに、花の間を飛び回っていました。
photo by ooyablog2 - -

フクロウの目


羽村動物園のカラフトフクロウ。
一見、愛嬌がありそうな外見なのですが、やはり目つきは鋭いです。
カメラを向けると、首を左右に動かして止みません。
警戒しているのでしょうか・・・


やっと正面を向いたところで、パシャッ!
寄り目〜〜〜!


こちらは、多摩動物園の白フクロウ。
目が点です。


正面を向くと、鼻の上の羽がフワフワで、クシャミが出そうですね。
photo by ooyablog2 - -

次男セナ君


2008・8月に誕生した、次男のセナ君。
赤ちゃんから子犬へと、大変身しました。


ヤンチャな盛りですが、寝顔は天使です。
「もうすぐ巣立ちます」どんな男前になるのか、楽しみですね。
photo by ooyablog2 - -

ムフロン


多摩動物園には、何度か出向いていますが、ムフロンの撮影は初です。


羊の祖先とは思えない程の気性の荒さには、カメラを向けながら
大変驚きました。
オス同士の勢力争いとでも言うのでしょうか・・・


相手を見るなり、駆け寄って大きな角で威嚇します。
岩肌に響く爪の音と、ぶつかり合う角の音がリアル過ぎて、後ずさりです。
勿論、丈夫そうな金網が張り巡らされているので、大丈夫なのですが
たまに、金網にも激突! ムフロンは、飼いたくないです・・・
そのように動きも激しくて、金網抜け撮りは難しかったです。
photo by ooyablog2 - -

エミュー2008


2008年もエミューの檻に寄って来ました。
決して観賞用になるタイプの鳥ではないのですが、常に泥んこパックをした様な、干からびたお顔が大好きです。


「クチバシに注意」と書かれてはありますが、比較的人懐こい性格の為
檻は細かい目ではなくて、カメラのレンズが通るくらいに大きいものです。
その為、まるで檻の向こう側に居る様には見えませんね。
とっても撮影しやすいでした。
でも、全体像を入れようと離れれば、バッチリ檻の目が入ってしまいます。
やはり、ここは羽村動物園。
photo by ooyablog2 - -

ナベズル


羽村動物園のサファリーエリアに・・・何で鶴が?
と思ったのですが、私も詳しく無いので分かりません。
ナベズルのようですが、違うのでしょうか・・・
同じエリアには、キリン・ダチョウ・シマウマが遊んでいました。


そして、HAMURA・ZOOの大声NO2。


相当、我がままに、人馴れしています。
この日は、珍しく賑やかな動物園、小さなお子様や車椅子を利用された
ご老人など、団体さんが沢山いらっしゃいました。
普段にも増して大声のインコさん、羽まで広げて大サービスの一日でした。
photo by ooyablog2 - -

獅子舞




郷土芸能保存会の皆さんによる、舞は迫力満点。
軽快な祭囃子に日本を感じました。
北京オリンピック以来です!
獅子舞も何十年ぶり・・・
子供の頃、正月には来ていましたよ家に獅子舞。
祖母が白い何かを、獅子の口の中に入れるのを見て、紙食べるんだ・・・
と不思議に思った事だけ、うっすらと覚えています。
白い紙の中身は・・・だったのですね。


今日は9月とは思えないほど風を冷たく感じました。
小さなお子さんのハッピ姿が、とっても可愛らしいけれど、少し寒そう。
お爺様に買ってもらった綿菓子を大事そうに抱えて、長い階段をゆっくりと
下りて行きました。
お家に帰ったら、ホッペをベタベタにしながら食べるのでしょうね。
photo by ooyablog2 - -

母猿


子供を守っているのでしょうか、威嚇しているようにも見えました。


仲良しこよし、愛らしい2頭の小猿は、何処へ行くのもいっしょです。


優しい母親は聖母・・・


愛おしい我が子を抱いて、幸せそう。


今日も穏やかな羽村動物園の猿山でした。
photo by ooyablog2 - -

アザミ






雨上がり、オレンジ色のコスモスが薄い花びらを散らす中
しずくを付けたアザミは、元気に堂々と咲いていました。
葉には小さな鋭い棘が・・・ちょっと憎いアザミです。
photo by ooyablog2 - -

キュート


生後36日の子犬達。
長男くん、まるで写真を撮られている事を理解しているかのような眼差し!


長女ちゃん、咥えて遊んでいたリボンが、頭の上に引っかかって・・・
あららぁ〜


次男くん、ぶかぶかの洋服を初めて着せられて、ちょっと不安そうです。
目線の先には母犬さんがいます。
「ママ〜ぼく、動けなくなっちゃった」
photo by ooyablog2 - -

アブ


雑木林の中で見つけた、シロスジベッコウハナアブ。
わざわざ、家にカメラを取りに戻って、撮影した写真。
そのぐらい、私には「やっと会えた〜!」なのです。

昆虫に興味のない方は、蜂と間違えるかも知れませんが、目がハエ目
ハナアブ科を示していますね。
蜂の目とは形体が(ウルトラマンじゃない)です。

ハナアブは吸血しないと聞いていたので、思いっきり接近したのですが
逆に寄り過ぎピンボケ多発でした。
そして大きい身体の為、花の上に止まる事が難しいらしくて、ゆっさゆっさ
これもピンボケ画像に拍車をかける原因。

たった一枚の〜こんな写真が撮れただけでもウキウキでした。
毎度の事ながら、虫が苦手な方〜ごめんなさいね。
photo by ooyablog2 - -

秋の空






まだまだ残暑が厳しい日中ですが、青い空とキバナコスモスをパチリ。
風は秋らしく爽やか・・・と言いたいところなのですが、今日は財布を忘れて買い物に出てしまいました。
気が付いたのは、スーパーの入り口。
帽子を手提げ袋の中にしまおうと思った時でした。
「ゲッ!」と呟きましたが、引き返すしかありません。
往復40分・・・
カメラだけは持って来ている私・・・
花を撮りながら、のんびり帰ってきました。
(カメラを置いて、財布を持って、もう一度スーパーへ行きました)
疲れた・・・
題名「秋の空」と言うよりも「暑い中・財布をわすれて」
普通の写真ですが、オッチョコチョイ記念に載せてみました。
photo by ooyablog2 - -

チワワ長男


眠くて・・・






子犬もアクビの瞬間は、人間と同じお顔になりますね。


遊び始めたら〜オメメがパッチリ、まんまるです。
photo by ooyablog2 - -

撮影会


わぁっ〜
やけに大人びて写った長女。
本日で地球デビュー26日目、頭と身体がバランス良く?二等分ですか?


オトボケ顔の次男君〜ではなくて、これからアクビをするところでした。


長男君・・・デレ〜


気を取り直してポーズです。
写真では大きく見えますが、お顔の大きさは・・・Lサイズのタマゴです。
photo by ooyablog2 - -

ルリモン


蜂のイメージカラーと言ったら、お馴染みのクロとキイロですが
こちらは、珍しいルリモンハナバチです。
本当は、図鑑で見た美しい画像の様に、白か薄い瑠璃色の花に止まっていて欲しかったのですが、都合よくもいきませんね。

写真ブログを始めて4度目の夏。
あれだけ、花や蜂の写真を撮っていたのに、実際の遭遇は初めてでした。
オレンジ色のコスモスに背景が緑色・・・
ルリモンハナバチがドギツイ・虫に写ってしまいましたが
記念なので、載せてみました。
photo by ooyablog2 - -

トンボ多摩川








今年初めてのトンボ画像です。
秋を感じながら撮影して来ました。
なかなか、思うような角度で止まってくれないトンボ・・・
私が動けば、トンボは舞い上がり・・・
目は、ただただ大きいだけで、可愛いとは言えません。
羽は大きいし、身体は長いし・・・
被写体としては、納まりにくい相手だと思いました。
そんなわけで、今回はマクロ撮影でトンボ遊びです。
photo by ooyablog2 - -

キク科


近所の林の片隅に毎年咲く花。
キク科のルドベキア・タカオとか言うらしい・・・
花は小さいのですが、背丈はコスモスと同じぐらいで
中央の芯が盛り上がり、花びらの黄色とマッチしています。
光の加減でしょうか、オレンジ色が強く出てしまいました。


雲行きが怪しい夕方。
そして、木々に囲まれている為に、写真の上がり具合は
想像以上に暗く、愛らしい花のイメージが出ていませんでした。
次は、もう少し明るい内に行ってみます。
photo by ooyablog2 - -

ネコメ


色とりどりの猫の目色。
宝石のように美しくて、とても魅力的です。
この子は、明るい茶色。
視線の先には、いったい何が有ったのでしょうか・・・
確かめる間もなく、シャッターを切っていました。
photo by ooyablog2 - -




今日は久しぶりに遠出をしました。
目的地は、広い水田の中にある小さな蓮池です。


普段は清楚な蓮も、ヒマワリのイメージで元気に遊んでみました。


開きかけた花と、ふくよかな蕾も可愛い大賀蓮です。


早朝5時半。
背景の稲に朝露が光、心地良い1日の始まりです。
photo by ooyablog2 - -

カード


カードと呼ぶには、和風になってしまいました。
少しでも涼しさを感じて頂けたら嬉しいです。
 まだまだ、暑い日が続きますが、健やかに過ごされますよう
お祈り申し上げます。
photo by ooyablog2 - -

トカゲ


爬虫類苦手な方、ごめんなさい。
二年ぶりの恐怖画像です。
でも、美しい肌しています・・・(触れません)。
私に気付き、前足を顔の下に置いて方向転換の直前の姿です。
photo by ooyablog2 - -

山百合




洋服に付いたら色が落ちない、でも何となく好きです、粉っぽいメシベ。


そろそろ花の盛りを終える山百合です。
良く見かける、夏祭りで賑わう神社への道端や、林の中。
派手な花なのに、自然が良く似合いますね。
手折って、持ち帰りたい・・・いいえ。
そんな思いを一つも感じさせない、存在感のある凛とした姿でした。
photo by ooyablog2 - -

親子3


母猫の貫禄。
額にあった傷が癒え、なかなかのベッピンさんです。








3頭の仔猫達も器量よし。
photo by ooyablog2 - -

ユリ




緑の中に、オレンジ色の鮮やかなユリが目立ちました。
近くで見ると、花びらに黒の模様。
鬼百合でしょうか・・・




背も低くて、座って覗き込まないと、花の顔が良く見れなくて
正面顔は、寝転がらないと無理!
来月あたり、大きな山百合の姿が見られますが、やはり下を向いていて
なかなか、良い表情が撮れません。
台風と重ならないと良いのですが、今年はどうでしょう。
photo by ooyablog2 - -

親子2


前回、野良猫親子の画像を載せてから2週間少々になります。
母猫も元気そうですが、まだまだ表情が硬いかな?


毛色は母猫と似ていますが、眼の色が違います。
いつも1番シャイな子ですが、こっちを向いてくれました。


3頭の仔猫も、大分大きくなりました。
忍び足・・・


車の下に隠れたままで、警戒しています。
毛が伸びて、益々親子関係が疑わしいほどの容姿!
シッポも長くて、ヒマラヤン種そのものと言った感じです。